Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アメリカの母子家庭手当て
 何度も言いますが、アメリカに母子家庭手当て、なんてものはありません。

あるのは、Low Incomeへの補助です。

それも、日本の生活保護に当たる、金額の補助は、1996年に法律が変わり、TANF(temporary assistance for needy families) になってしまい、金額も、期間も減額となりました。

低所得者向けの補助は、収入と家族の人数で決まりますので、必ずしも母子家庭だからもらえるというものはありません。

そのアメリカの母子家庭の実情が書かれているこのリンクを紹介します。

http://www.legalmomentum.org/our-work/women-and-poverty/resources--publications/single-mothers-snapshot.pdf

アメリカ人でもこれが実情。

ましてや外国人の私たちが、この国でシングルマザーとしてやっていくのはいかに困難なことか。

経験してみないとわからないことです。



続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 07:53 | comments(3) | trackbacks(0) |-
離婚裁判の現実
 ブログをこれだけ長く続けていると、相談もたくさん頂きます。

私は、そういうメールのやりとりも楽しんでいますので、もちろんメールは大歓迎です。

ただ、ちょっと気になったことがあり、こういったことも、昔は書いたけど、最近は書いていないため、読者のみなさんにも伝わっていないのかもしれません。

もう離婚の裁判は私はだいぶ前に終えていますので、改めて書いておきます。

まずは、最近目にしたこの記事のリンクから。

http://thetyee.ca/News/2012/07/24/Child-Custody-Report/


カナダのケースですが、親権争いになった場合、虐待がどう影響するかについて、興味深い記事です。
続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 04:23 | comments(4) | trackbacks(0) |-
離婚について思うこと
 ここで何度か書いたことのある、ある国際結婚の掲示板。有名なので、ご存知な方は多いと思いますのであえて名前は出しません。検索するとすぐ出てきます。

そこで、ここ数年でしょうか?離婚の話題が本当に多い。

私が思うに、離婚は、国際結婚だからってわけでは決して言えないと思います。

ただ、国際結婚だからこそ、つらい時は相談する場所が限られている。

友達にも理解してもらえない。

ましてや遠く離れている家族になんか批判されるだけ。

掲示板しか安心して相談できないのかなと思います。

私もそうでしたから。ただ、国際結婚掲示板だと、どうしても匿名掲示板特有のネガティブコメントがやってきます。

日本人独特なのかな。私は離婚については、英語の掲示板でしか相談したことないので、嫌な思いはしたことないのですが、この日本語掲示板、読んでいるだけでも、あちゃーと思ってしまいます。

離婚を考えて私のブログにたどり着いた方。

離婚は、やっぱり経験してみないとわからないのです。

日本人の集る国際結婚掲示板で、叩かれてもあまり気にしないことです。

続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 01:46 | comments(3) | trackbacks(0) |-
アメリカ離婚の現実
JUGEMテーマ:国際結婚
 
最近、立て続けに目にした、日本人妻の方で、離婚しようとしている人たち。口々に、親権はとりたいと言っていました。

何度も書きましたが、アメリカは、単独親権はありえません!!

よっぽどの時だけです。理由がなければ、単独はありえない。

その理由も、子供に危害が与えられるものでなければ駄目。

私が知り合った人たちの中で、知っている単独親権は一件だけです。

単独親権=Sole Custodyですが、そう主張する前に、ケースを調べましょう。

あなたと同じような状況で、過去にSole Custodyを取ったケースがあるのか。

ないのに、それを主張するのは、無理ってものです。

ここはアメリカ。

まずは、アメリカの裁判、判例を調べないで、自分の主張をするのは、それはわがまま以外の何者でもありません!!!

裁判がどういうものであるかは、自分でいいますが、私がいい例ではないでしょうか?
続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 01:49 | comments(2) | trackbacks(0) |-
久しぶりに覗いた国際結婚掲示板でのシングルマザー批判
 掲示板というものは、どうしても偏った意見がかわされる場所。

みんな匿名ということで、自分の主張をこれみよがしに主張する場所となっています。

なので、普段は自分と合わない意見は流すのですが、今回ばかりは流せず、つい私も自分の主張を出してしまいました。

*あえて、その掲示板をここではリンクしませんが、おそらくアメリカ国際結婚の方はよくご存知のあの掲示板*

内容は、息子さんの子育てに悩むシングルマザーが相談だったのですが、いつのまにか、シングルマザー批判へ。これがよくあるパターン。シングルマザー限定の掲示板でない限り、これはしょうがない。

今回、放っておけなかった理由は、投稿のひとつにあった一言。

〜〜〜貴女の周囲ではそうかもしれませんが、統計的にはハッキリ出ています。未成年の囚人の85%が父親がいません。両親が揃っている子の20倍のリスクですよ。〜〜〜〜

で、でた〜すごい偏り。しかも統計という言葉を持ち出し正当化。これはどうしても放っておけなかった。
続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 01:06 | comments(5) | trackbacks(0) |-
ハーグのまとめが出ておりました
 
私のところにもよく相談が来るのですが、ハーグについては私は全く素人です。

日本に帰ろうという選択ははじめからなかったので、ハーグは全然頭にありません。

ただ、ブログやっているので、参考までに読んではいます。

今日はこの図解がのっていたので紹介します。

よくある質問をきいて個人的に思うことですが。。。

続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
相手が離婚してくれない
 最近相談を受けたのですが、私と似たような感じで、相手が毎日怒鳴って罵声だったのに、いざ離婚となったら離婚は絶対しない、してくれない。

そんなに私のことが嫌いなのに、別れてくれない。理解できない。

本当にそうです。理解できない。私もそうでした。

でもよく考えると、いつの間にか共依存にはまっているのです。

相手が離婚したくないのは実は私の行動のせい。

私は気がついていなくて、カウンセラーに言われてはじめて気がつきました。

続きを読む >>
posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
逆の立場もあるわけだ
 この朝日の記事をみつけました。


だいたい、マスコミは偏っているので、ここであえて誘拐という言葉を使う意図もわからなくはありませんが、どうかな。

言葉は使いようですね。

これでハーグに入っても解決にはなりません。

離婚はされていないから、これから離婚を決める?

親権は別に解決しないといけないので、彼女が日本にいたままではアメリカの裁判にはできません。

離婚しないで子供を取り合う?

あのウィスコンシンのケースのように、日本とアメリカで双方違う親権がでたら?

さらにこの記事、間違っていますが、彼女がアメリカにわたって親権が取れないというのはありえません。

居住権が取れないというのはわかりますが、親権は取れるでしょう。Sole Custodyが取れないという意味でしょうね。




posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ジャパンタイムスに載っていた、昨年の重大事件 - 人権侵害
 あのウィスコンシンのケース、アメリカからの観点がものすごく現れていると思われる記事なので参考まで。

http://www.japantimes.co.jp/text/fl20120103ad.html

まあ、要は言葉は使いようですね。

今回の日本のマスコミとアメリカのマスコミの違いははっきりとしていました。

子供がかわいそうと双方が言っていますが、

アメリカは、父親に会う権利を奪われてかわいそう

日本は、母親のために行きたくもないアメリカに行くことになってかわいそう

どっちが正しいのかは本人たちにしかわかりません。

裁判って結局そういうもの。

正義って言ったって、それぞれ、父親にとっての正義と母親にとっての正義は全く違うのです。

それに早く気がついて、合意点を見つけていくこと。

勝手に正義が勝つ!と自分の正義だけをかざしても駄目。

時間とお金を無駄に使うことになるだけです。



posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
クリスマスにこのニュース
 時間がなくてコピペです。


感想はまた後日

私は、今日はイブなので、いつもお世話になっているチャーチに行ってきます。

子供も今日は私と一緒です。

例年、ものすごく寒いのに、今年は日が照っていて、ぽかぽかです。

Wishing Everyone Happy Happy Christmas!


posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-