Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
不安な気持ち

 

自分が落ち込むときって、何を考えてるときなんだろうか?

不安なとき

これしかないですね。

不安で不安でしょうがない

だからさびしくて、相手がいてほしい、誰かきいてほしい。

そんな相手がいたらって。

もちろん私には話す相手がたくさんいてくれます。

それでも不安なときはどうしても不安でその不安に飲み込まれてまわりが全く見えないのです。

 

私の不安は、結局は子供の時、一度も誰にももっていくことのできなかった不安感を覚えていて、今でも不安になるともうどうしようもなくて、どうしていいのかわからないのです。

もし子供の時、がまんしないでいい、一人でがんばらなくてもいいと思える生活だったら、今大人になっても不安な気持ちは一時的なもので、きっと乗り越えられると言えるのだと思います。

私はそれができない。

不安になるとそれをどうしていいのかわからなくて、どんどん自分を責めていきます。

最後にはもう生きていきたくない。

これがもういつものパターンです。

デートしたかったのはこういう不安なときにそっとそばにいてくれる人がいたら。そんな希望があった。

ところが。

相手がいたらいたで、これがまた不安をよびます。

不安なときにそばにいてほしいのにいてくれないからです。

これはしょうがないこと。

友人が100%いつも私のために時間があるわけではないのです。

恋人が(もし)いたとしても同じでしょう。

常に24時間、私のためにいてくれるのではないのです。

そんなこと考えればすぐわかるのに、不安なときは、話したいのに友人がつかまらないことでますます不安になって。

返事がこなかった。やっぱり私は嫌われてる。

そんな風に考えてますます不安を大きくしてきます。

ここ数日落ち込んでいるのはやはりシングルマザーには切っても切れない、いつものお金がないどうしようという不安です。

これはもう誰にももっていけないから相談はするつもりはないのに。

誰かに本当はわかってほしい。

そういう気持ちがあって。

誰も相談できる人がいない(そりゃあそうだ、内容が内容なだけに相談できないんだってば!)

私は駄目だー。

そんな風に考えてしまうんですね。

ちょっと気持ちを変えればわかることなのに。

100%、常に24時間私のことを考えてくれる。

それは親しかいないのです。この世の中に。子供が安心して100%信頼できるのは親だけ。

それが一度もそういう形で存在してくれなかったその歪みがこうして出るんでしょうか。

今回の落ち込み。

ちょっと不安について読み、理解したらだいぶ楽になりました。

posted by: CH −自己紹介です | 自分のこと | 09:17 | comments(4) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:17 | - | - |-
話す相手が、たくさんいてイイじゃないですか!
私は、たくさんいませんから!(笑)
そりゃ、親は100%信用できますけど、年老いた日本の母に自分の状況や不安な気持ちを話して心配させたくないので、私は、やっぱり話せませんよ。
| kumako | 2011/10/07 9:29 PM |
Kumakoさん、

そりゃあそうですよね。
私も今親と話したいとか全然思っていなくて、ただ人生で一度も親に甘えたことがなかったので、そういう子供時代だったらこんなに不安症に悩むこともないのかなという気持ちです。今は自分の子供には絶対にそんな思いをさせたくない、それだけですね。自分の親はもう過去のことです。
| CH | 2011/10/10 6:01 AM |
CHさんに益々共感です!
私は、16の時から家を離れ、一度も帰ってません。

離婚がグズグズだっただけに、3人の子供を抱えお先真っ暗。。『帰っておいで』の一言が欲しくても、母は『頑張りなさい』の一言だけ。旦那の故郷なので、深く話せる人もいなくて。。

今、少し気持ちにも余裕が出てきたましたが、先日どーしてもお願いする事があり、頼むとまた突き放され。

さすがに、今でもやり切れなくて。。
私の家族は子供達だけ!あんな母親にはならないと決心させられた日でした。

私には『過去の事』と割り切れるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
| kaoru | 2011/10/17 8:32 PM |
kaoruさん、

同じですね。
私も離婚係争中、何度も突き放され、中々すすまない離婚について批判されでした。もうこちらからコンタクトすることはほとんどなくなりました。
その寂しさがなくなりはしないのでやっぱり私も過去とは言い切れないかもしれません。
コメントありがとうございました。
| CH | 2011/10/17 11:16 PM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1176
トラックバック