Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
やっぱりね - 裁判制度
 今日はこの記事を見てため息

Facebookを訴えたあの双子の兄弟のリーガルフィーについての判決

かかった弁護士代がなんと$13ミリオンです。

もちろんそれだけかけても相手がFacebookだから価値があったのかもしれない。

でも、そんな金額払ってまで訴えるか??

まあこの双子はもともと裕福な家庭の育ちなので、お金ではなくてプライドだったと思います。

これはまさに裁判がどういうものなのかということをあらわしていると思います。
 
私の裁判なんて離婚というちっぽけなものでしたが、それでも本当にアメリカの裁判というものを思い知らされるには十分でした。

結局、裁判を長引かせるにはお金があれば簡単にできる。

正義ではないのです。お金。

勝つには、お金があればなんとでもできてしまうのです。

そしてそのお金を無駄に弁護士代に使ってもいいという考えがあれば。

私はできませんでした。

それでも日本円で軽く数百万という弁護士代がかかりましたが。

それ以上費やしてまでナルに勝つなんてどうでもよかった。

ナルは、全く何も考えていないから危険でした。そういう人間はとことん相手を打ちのめしていれば気が済むのです。お金のことなんか心配していない。

そんな相手とは本当に終わりがありません。

さてこのFacebookの双子。

$13ミリオンかー。

そんだけあったら他にもっと色々できるだろうに。

考えることが違うのでしょうねえ。

posted by: CH −自己紹介です | 弁護士 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1189
トラックバック