Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
できないことに意味がある
 散々悩みに悩み、ようやく離婚の書類を捨てました。

吐き気がするほどでした。

できないということに意味がある。

だからどうしてなのか、考えましたね。

どんだけ書類を抱えていたかというと。

これです。




 
私は書類というのはほとんどコンピューターファイルにするので、これはどうしても紙で提出しなくてはいけなかったものだけです。

実際の離婚はこれだけじゃすまないです。

で、この書類。

もう使うことはないのです。

それでも吐き気がしてしまうほど捨てるのを苦しみました。

どうしてだろう。

簡単なのは、いつか必要になるかもしれないという不安。

それはありますね。

また何かでもめるのかもしれない。

離婚は終わったけどナルのこと、何か言ってきて、そんなこと聞いてないとか言ってきたりして。

でもそんなのは、あくまでも、かもしれないであって、逆にないかもしれない。

それに、弁護士だって書類はもっているのだし。

証拠書類は全て裁判書類で残っている。

私が保存する必要はもうない。

そう考えて、まずは自己破産の資料をすべて捨てて。

そこから、はじめの弁護士のときの書類を捨てて。

そしたらもう何も残りませんでした。

重要なものはすべてコンピューターファイルであるのだから。

この書類はいらない。

取っていたのは、やっぱりどこか、離婚した自分を忘れたくないとか、苦労した自分を忘れたくないとかあるのかもしれない。

あの離婚の係争中。本当に毎日毎日戦っていたあの日々を忘れたくない?

忘れたいのに。

心の奥底では一人で毎日戦っていたかわいそうな自分を覚えておきたいのかなと。

そんなことを考えました。

posted by: CH −自己紹介です | 離婚 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:24 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1203
トラックバック