Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
次男の様子
 最近、次男のセラピーの時間に一緒に入ることが続いているのですが、そんな中で気がついたのが、次男は常にあせっている。

まるで時間が足りないかのように。

今、これをやってしまわないと次がないかのように行動している。

セラピーでは遊んでいるだけのように見えたのですが、私がこれだけ気がついたのだから、一年もつきあっていて、PhDをもっているセラピストにはもっともっとたくさんのものが見えているのだと思います。

 次男がこうした行動をとってしまうのはものすごく理解できる。

ナルの悪口は言いたくないので、普段責めるようなことは書きませんが、これは次男の行動につながるのでどうしても書いておきます。

次男が先日、学校の後プレイデートに誘われました。

とはいえ、まだ一年生ですから親同士の話です。

私にお友達のお母さんが連絡してきました。


次男は学校から近所の人に頼んで一緒に歩いて帰ってもらっています。

このお友達のお母さんが学校から一緒に帰ってくれてそのままプレイデートならこちらも助かるので、何も考えずに私はOKしてしまいました。

でも学校が終わったらナルの家に帰る決まりになっているので、ナルの了解を得ないと駄目。

何も考えていなかった私は、当然OKだろうと。勝手に思ってしまった。

その前日はナルの家にいたので、次男に電話で、OOX君のお母さんと一緒に学校から歩いて帰ってね。と伝え、次男大喜び!

ちょっと待ってパパに聞いてみる。

と無邪気に聞いた次男。

ナルは、な、なんと。

駄目だ。そんな勝手なことは。その日は出かけるんだ!

と大声で怒鳴りました。

電話口で待っていた私にもはっきりと聞き取れる大声。

電話にもどってきた次男は涙声で、駄目だって言われた。

泣きたいのは私ですが、ぐっとこらえ、次男に謝って、なんとかするから。といって電話を切りました。

もちろん、この後、散々努力して、結果はプレイデートできたのですが。そこは長くなるのでまたいつか。

言いたいことは、これはナルの日常です。

こんなことはいくつもあります。

前は誕生会に行けなかったことも。

親友Eに一度愚痴ったことがあったんだけど、Eは、理由は何?って聞いてきた。

理由なんかないんだよ。

ナルは自分のことしか考えていないだけ。

次男は、これが日常なのです。

楽しみにしていることもナルの一言であっさり流れてキャンセルというのがいつものこと。

だから、いつもあせっている。

楽しいことができるときは、できるだけたくさんのことを"今”やりたい。

セラピストの時間は、いくつものゲームをこれもやりたい、あれもやりたい。と次々とやっていく次男。

見ていて、本当につらくなりました。

私もそうだった。

いつもあせっていた。

ナルが帰ってきたら大変。今のうち。

そんな日常だった。

それがそのまま今次男の生活になっています。

posted by: CH −自己紹介です | 子供の心の健康 | 01:18 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:18 | - | - |-
はじめまして。
少し前から読ませていただいていますが、コメントは初めてです。
この記事の次男くんの様子を読んで、涙が出てしまいました。そばで見守っているCHさんの苦しい心内にも胸が締めつけられる思いです。人の心を持たない、理解出来ないモンスターを相手にしているのですね。理不尽だと思います。ご自身も傷を受けて苦しんでいらっしゃるのに、母親を休むわけにはいかず辛いことと思います。良い言葉が見つかりませんが、CHさんとお子様たちが心穏やかに暮らせる日々が増えていくことを心から願っています。
| もり | 2011/11/09 6:04 PM |
もりさん、

コメントありがとうございます。
温かい言葉にこちらの方が涙が出そうです。
次男は特に長男と違うので、ついつい見逃していたので、最近は余計に目に付くのかなと思います。
なんとか私たちなりにがんばっております。
| CH | 2011/11/10 12:38 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1217
トラックバック