Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
つらいときもあるよね
 今日は朝から嫌なことがありました。

私が失った家のローン会社からメッセージが入っていました。

もう私が引っ越してから約3年。

今更。とは思いましたが、無視しても気になるので、話しを聞くためにコールバック。

思っていたよりも精神的につらいものとなりました。

 
ご存知の方は多いかと思いますが、アメリカは2006年以来、Foreclosureが増加したため、Federal Programをつくり、ローン救済に乗り出しました。

まじめにローンを払っている普通の人間は全く恩恵をうけず、勝手にローンの支払いをやめ、Forecloserになりそうなナルのような人間が恩恵をうける。と私はとっています。
(違う意見もあるのはわかっておりますので、私の個人的な意見であることご了承下さい)


ナルは、まんまとこういった制度を利用し、私からうばった家をしっかりリファイナンスして、今は正々堂々と住んでいるのです。

それはもういいのです。

3年もたつことなのですから。

ただ、今日の電話してきた内容に非常に傷つき、つらい思いをすることとなりました。

これは家を担保にかりていたローン。こちらではセカンドモーゲージといいますが、そのセカンドモーゲージがまだ残っているわけです。

リファイナンスしてもセカンドは考慮にしないで、ファーストモーゲージだけの支払いになります。

このセカンドをちゃらにすることができます。それをすすめる電話でした。

とはいえ、私はすでに自己破産でこのローンは支払い義務がなくなりました。

私に書類にサインしろと言っているのですが、どこをどうとっても全てがナルのためになる制度。

延々と電話で説明してもらいましたが、私がサインをすることで私のほうはなにもかわりません。

もしそれだけだったらナルが家をそのままこのセカンドローンをちゃらにしてキープしてもいいかなとサインしたかもしれません。

私は基本的に、ナルが家にすめているのは子供にとっていいことだと思っているから。

でもでも。

ものすごく嫌な気分になったのはこの電話してきたローン会社の方、わたしにどれだけいいことかとしきりに言ってきた。

なので、何度も私が家を売りに出して、裁判になって、家をでて、自己破産したことを説明しなくてはならなくなり。

それでもこの方、Federal Govのプログラムでいいことなんだと言って聞かない。

具体的に何が、私にとっていいことなの?と数回聞きました。

帰ってきたのは、あなたの家の担保をリリースすることがクレジットリポートにのるわ。

はあ???それだけ??????????

そんなの、すでに自己破産しているからあと10年(2年たつのであと8年)クレジットヒストリーがどうだろうが、全然影響しないんだよ。

と優しく教えてあげた。

結局、これをすることによって、ナルはセカンドモーゲージからクリアにしてもらって、支払い義務もないし、家の担保もはずれる。

それだけです。

家の担保がはずれる。

私にとってはどうでもいいことです。

ナルは私から家をとったのです。

何をどういわれようが、この事実は変わらない。

そしてその手伝いをしたのは、この政府のプログラムです。

私はサインしません。

だからもう二度と連絡しないでとリクエストしたときちんとシステムに残して下さい。

そう合意してもらって電話切りました。

それにしても落ち込みました。






posted by: CH −自己紹介です | シングルペアレント生活 | 06:09 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:09 | - | - |-
今日は。CHさんの離婚に関するお話、全部は読んでいないのですが、その上でのコメントです。
親権はお持ちでないのか共同ですか。元夫が子供さんに悪い影響を与えていることを証明し(カウンセラーの記録も強い味方)、CHさんに100%親権を移すのも可能では?そうしたら、養育費は元夫が払うことになりますね。
 もちろん、州法によりますが、私の所は子供が12歳か13歳になったら、どちらの親と暮らしたいかは裁判所は子供の意思を尊重するそうです。
 私よりずっと長く米国にいらっしゃるし、ロースクールを考えていらした方なので、私がコメントするまでもなくご存知とは思いましたが、なぜCHさんばかりが家の事も含め、経済的な負担を負うのか腑に落ちなくてコメントしました。
| お仲間 | 2011/11/20 8:54 AM |
お仲間さん

ご心配頂いてありがとうございます。
うちはもうしょうがないんですよ。
誰がどうみてもおかしいんです。
でもそうなった。私が甘かったのかもしれない。
今戦ってもナルのこと。また同じことの繰り返し。
だから今あることに感謝することにしています。
| CH | 2011/11/20 11:35 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1235
トラックバック