Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ウィスコンシンの件、続き
 きのうの続きですが、私がこのケースに関心をもつのは、刑務所に入っているという事実に本当に胸が痛むからです。

彼女、出ようと思えば出ることができたはず。

裁判の記録でもちゃんと保釈金のことも決まっていて、決して払えないような膨大な金額ではありませんでした。

もっと早く司法取引に応じることも可能だったはずです。

どうして。。。5月から6ヶ月の刑務所暮らし。しかも外国、ものすごく冬は寒いWisconsinです。

アジア人人口が少ない州。刑務所でどんな生活を送っているのか。

それがはじめの感想です。

次にだんだん色々な報道がされる中で、やっぱりどうして離婚を解決しないで日本へ帰ったのか。

そして、どうしてハワイに来たのか。

わざと逮捕覚悟でというのも考えましたが、日本での裁判がすでに彼女に有利な判断がでていたことを考えるとどうも納得いかない。


裁判に疲れていたのは事実だと思うし、この父親がかの有名な日本へいった子供たちをもつ父親の団体と深く関わっているところも見ると、かなり精神的に参っていたのは事実だと思います。

でも、なんでアメリカにきたのか?

日本で、ひたすら裁判を続けるのが疲れたのか?でも外国のアメリカで裁判するよりはましなんじゃないでしょうか?


アメリカにくるということがどれだけ危険なのかわからないはずはない。と思うのは私だけではないはず。

だって、これまでも記憶にまだ新しい福岡の事件だってあったわけだし。

万が一、自分に逮捕状が出ていることに気がついていないという可能性もありますが、それは国際離婚したものとしてはあまりにも自覚が足りないと思います。

裁判の記録というのは今の世の中、誰でも調べることができるのです。

日本にいたって、簡単にできます。

離婚決定前に日本に帰国したから誘拐にならないと誰かにアドバイスされて安心してたのか?

それでも私もブログやっている関係で色々なほかのサイトを見る機会がありますが、どういう形であれ、欠席裁判があるだろうくらいは思えなかったのか?

これだけ執拗な父親なんだし、お金ももっているから裁判を続けているだろうとは当然予想できるんじゃないだろうか?

と疑問はつきません。

とにかく、起こってしまったものはどうしようもないのですが。

心配なのはこの娘さん。9歳だと本当に微妙な年頃です。

父親のインタビューを全文読みましたが、サイコロジストの準備をすでにしていて、De−programmingすると宣言していました。

ちょっと違うんじゃ?????

De−programmingって。それじゃロボットみたいじゃん?

母親によって洗脳されてしまったから、洗脳をもとにもどす???

戦争にいって帰ってきた戦士じゃないんだから。

子供なんですよ。たった9歳の。

傷はすでについてしまったのだから、もとに戻すわけにはいかないでしょうに。

もとに戻して、母親によって連れ去られ、父親の自分がかわいそうだったということを教えるのでしょうか。

なんだかな。

離婚にHappy Endingはないのかもしれませんが、こういう結果は本当に胸が痛むとしか言えません。








posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:27 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1248
トラックバック