Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
つくづく思うけど
 うちの息子の苦労についてはこういう離婚を経験していないとやはりわからないんだなあと改めて思います。

だから誰にも相談できない。

友達に言っても絶対にわかってもらえない。

わかってもらおうとは思いませんが、ありえないことだらけでみんな唖然としてしまい。

人間信じられないことを目の前につきつけられると否定してしまうもの。

私のまま友達はほぼみんな前夫であるナルを知っているので、父親がそんなわけないじゃなーい。ときます。

これが以外とつらいんだな。

 ゆうべも、次男が父親の家にむかう車の中で、今日ママのいえに泊まりたいと。

でも私はできない。

ちゃんと歯は磨いてね。と別れ際に言うと、パパの家にははぶらしがない。

買ってあげたことは何度もあるのですが、またか。

朝ごはんもいつも食べません。ナルが全然準備しない。

今朝は、長男をいつものように朝7時にナルの家まで迎えにいきながら、本当に悲しくなってきてどうしようもありませんでした。

私は息子のためだからこうして朝車でナルの家まで長男を迎えにいって、しっかり学校に連れて行くのは苦ではないけど、どうしてこういうことがナルはできないのか。そう考えたらきりがないのです。

朝、7時には家を出ないと息子は間に合いません。

ナルは絶対に起きないし、朝ごはんもないし、ランチだってない。

私が何もしなければ長男は一人で歩いていくでしょうが、でも朝ごはんなし、ランチもなし。

学校でランチ買えますが、長男は下手したら買わないことがあるのです。アメリカ食が苦手だから。


ナルには期待していないし、これが現実だからいいのですが、

たまに、わかってほしい。誰かにわかってほしい。

そう思うのは贅沢でしょうか。

posted by: CH −自己紹介です | 自己愛性人格障害 ナルシスト | 02:58 | comments(9) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:58 | - | - |-
気持ちわかります。 人の悩みを上手に聞ける人は本当に人間的にスマートな人たちだと思います。
もし当事者の状況を理解できないのなら、友人にできることはただ聞いてあげる、その辛さを学ぶことだと思います。無神経なコメントで傷つけることではなくて。

話はそれますが、私もモラハラで離婚訴訟中のつかれ切っている今、”別居したらお互いの良いところに気づいたんじゃない?子供のために復縁しなきゃね。”と笑顔で言ってくる仕事仲間がいて、もうその人とは話をしたくなくなりました。
| Y | 2011/12/01 9:38 AM |
はじめまして、1年ほど前から毎日訪問させていただいている者です。
米国在住、離婚を考えています、、かれこれ2年近くなります。。。
毎日苦しいです。

春に3歳になる息子がいます
CHのブログは本当にいろいろと考えさせられます。


今回の次男さんの言葉。。(ママの家に泊まりたい・・)
辛いですね。。

毎日この人から逃れたいと思いながら
逃げ出せないジレンマと戦っております

わかってほしい気持ちすごくよくわかります

とりとめのないこめんとでごめんなさい。

| comet | 2011/12/01 4:59 PM |
ごめんなさい、CHさんと打ち込んだつもりでしたが
”さん”がぬけておりました。
| comet | 2011/12/01 5:02 PM |
気持ちは十分に解りますし、私も相手・時柄は違えど同じ様な環境になる事が多々あります。
その度に苦しみを隠せず、、誰かに話してスッキリしたい。。ただ、どんなに話したとしても相手が同じ環境の人でなければ、辛さや悲しみ、痛みは共有できないのです。聞いた所で同情にしかすぎない。
もしくは、聞きたくないかもしれません。。

弱くなりたい時もあります。でも、息子さん達にとって1番の頼りのママです。これから先、まだまだもっと苦しい事、辛い事があります。そんな時は、是非ブログで吐き出して下さい!どんな時でも見ていますし、応援していますから!!
皆で乗り越えましょ〜う♪
| kaoru | 2011/12/02 12:12 AM |
これは、子供に対するネグレクトとして
家裁に訴えられませんか?
| パンダ | 2011/12/03 7:51 AM |
Yさん、

その言葉は傷つきますねー。
おそらく悪気はまったくないから余計にどう受け取ればいいのか困りますね。
| CH | 2011/12/04 6:13 AM |
Cometさん、

コメントありがとうございます。大丈夫ですか?3歳のお子さんもいてその状態では本当に大変だと思います。私でよければいつでもメール下さい。
| CH | 2011/12/04 6:14 AM |
Kaoruさん、

いつも応援ありがとうございます。
そうなんですよね。子供のためにも私がやっぱりしっかりしていないと全てがバランスが崩れてしまう気がします。このブログの読者のみんさんには本当に助けられています。自分のために書いているのですが、いつのまにかみなさんに支えてもらっているなと感謝で一杯です。
| CH | 2011/12/04 6:15 AM |
パンダさん、

コメントありがとうございます。
アメリカ在住ですか?
うちは以前、しっかりチャイルドプロテクションからの訪問もあったし、警察がきたこともありました。公の機関はこのくらいでは動きません。それだけこの国は、もっともっと貧しい生活や虐待の生活を強いられている子供たちが多すぎるのです。

後は自分で訴える道ですが、弁護士代は少なくとも$250/Hr(私のブルドック弁護士はもっと高い!)ナル相手はもめますから、数十時間では解決しません。そんなお金を使うくらいなら、現状の中で最善をつくして私がしっかり子供の心の健康をまもってあげたいと思っております。
コメント、応援本当にありがとうございます。
このブログの読者のみなさんは本当に心の支えです。
| CH | 2011/12/04 6:18 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1250
トラックバック