Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
幸せだった理由
 きのうの続きです。

ナルと出会ってものすごく夢中になった理由は簡単。

ナルは自分勝手で、自分の思い通りにコントロールしようとします。

つまり、相手はコントロールを完全にギブアップしないとナルとは付き合えません。

それを私は受け入れてしまった。

どうしてか?

これは離婚を決める前に通いはじめたカウンセリングで発見しました。

 私がナルに出会ったとき、私はかなり精神的に弱っていたと思います。

まだ渡米したばかり。

英語がとにかく話せなくて、しかもいきなり大学3年生に編入していたので授業についていくこともできず、参っていました。

英語ができないから、自分に自信がまったくなく、デートしても、うまく英語で会話ができないので、よってくる男性は私のことなんかわかっていないと確信していました。(本当に勝手だったわ)

ナルは私によく英語が下手だ下手だ。人との口の聞き方がわかっていないとはじめから言っていました。

それが私には、この人は私のこと本当にわかってくれる!とうつったのです。

(何度もいいますが、これは20代の間違っていた自分です。)

本当にこの人しかいない。と確信して無理やり結婚しました。

誰にも祝ってもらえない結婚で、ナルからプロポーズを受けたわけでも何でもありません。

結婚指輪は一緒に買いには行きましたが、お金は自分で払い。

婚約指輪はありません。プロポーズなかったのだから。

結婚式もなし。

ハネムーンもなし。

それでも幸せだったのは、ナルにしか私のことはわかってもらえないと信じていたから。

これがカウンセラーにかかってはじめてわかったのですが、私は英語ができないというのが大きな理由だと思っていたけど、そうじゃなくて、わたしの中で、自信のない自分がいたのでした。

その自信のない自分をわかってくれるのがナル。

そりゃあそうだ。

自信がないと思っていたのは自分だけ。

まわりの、デートしていた男性は私に魅力を感じてくれていたのだから。

それを受け入れることは私にはできなかった。(それは今でも。。でもそれはまた別の機会に)

こーんなに私は間違っていました。

あんなのが幸せだと真剣に思っていて、実際結婚した私は幸せでした。

どんなに貧乏でも、働いても働いても追いつかないナルの浪費ぶりにも全てが、これが私なんだと思っては幸せでした。

悲しいことに、そうやって育ってきてしまったから。

私にとって幸せとは努力しても努力しても報われないもの!

お互いを褒めあって、たたえあって、いたわりあって成長していく。そんなパートナーシップがあるということが私にはわからなかったのです。

そうわかってきたのはごくごく最近。

今読んでいる本にそれはものすごく的確に書かれていました。

長くなったのでその本の感想はまた次回。

本のタイトルだけ紹介。

Addicted to Unhappiness
Free yourself from moods and behaviors that undermine relationships, work, and the life you want

posted by: CH −自己紹介です | ナル 別れた旦那との出会いを振り返って | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:28 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1267
トラックバック