Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子供に対するナルの発言
 久しぶりに今のナルの話題を

何度も書いている通り、私とナルは一切口をききません。

そうすると子供に関する連絡は、私は事前にしっかりメールと、急なことはテキストを打ちます。

が、しかし。。。。

ナルは、文章が書けません。英語力も問題ですが、物事をしっかり順序立てて書くという能力に欠けてるんだと思います。

じゃ、どうするかというと、かわいそうですが、息子たちに電話をしてきて伝えることになります。

そんなナルの発言を久しぶりにきいてしまいました。
 
先日、次男を学校に送っていく車の中で、私の携帯が鳴りました。

ナルから。

私はナルとは口をきかないので、無視して、息子が出たければ出る。

運転中で、他に家のことで大家さんから連絡くる可能性があって、誰からかみないうちにAnswerしてしまい、そこでナルだと気がついて、次男に出る?ときいてしまったときにはすでにナルと通話になってました。

次男、即、出ないから切ってと言ったのでそのまま切りました。

その後、ナルは3回もかけてきて、次男あきらめて出ました。

もちろんスピーカーにして。

ナル、出たとたんに怒鳴り声。

自分の電話には必ず出ろ!

聞こえていたんだぞ!

必ず出るんだ。わかったか?

これを小学一年の次男に大声で言ったのです。

怖い。

本当に聞いてて怖かった。

内容はたいしたことないことで、学校が終わったらお友達の家にいくということです。

次男には、ごめんね。こんなことは本当ならママとパパが連絡するのにね。ごめんね。

と言って抱きしめました。

こうするしか私にはできない。

ナルの行動は私には変えることはできません。

できるのは次男を支えてあげること。

自分が悪いから怒られたんじゃないと次男にわかってもらうこと。

次男、かなり落ち込んでいました。

はぁー。



posted by: CH −自己紹介です | 子供の心の健康 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:22 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1268
トラックバック