Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
気分新たに!新年です。
 新年明けましておめでとうございます。

お正月ですね。

やっぱり日本人、お正月は特別です。

気持ち新たに行きたいと思います。

 2012年。

あっという間に2012年です。

私が渡米したのは、な、なんと1993年!

あと一年、来年には渡米20周年?????

ひえー。すごい年寄りになった気分です。

それより、何より、ナル(もと旦那)と別れると決めてから4年です。

ブログもこんなに長く続けることができるとは思っていなかったので、よく読んでみてもカテゴリもばらばらで、全然整理できていないですね。

今年の目標は、しっかりと私が歩んできた、ナルとのことをまとめることができたらなと思います。

ちょこちょことは書いてきましたが、全然まとまっていないので。

そのまず第一です。

といって、出会いはどうでもいいので、ナルとの主な驚くエピソードを。

今でもどうしても忘れられない不可解な出来事が3つあります。

一つ目は、ナル女につばを吐かれる事件

あれは、まだナルと一緒に住み始めたばかりの頃。

ということは私が23歳から24歳位の時です。

ナルはお金が全然なくて、わたしが大学をでて仕事をしてすでにサポートしていました。

そのお金で、ナルはスポーツカーを購入。

真っ赤な、ヨーロッパの車。かなり古いアンティーク。値段は5,000ドルくらいだったかな。

もちろん私が払いました!(ほんと、バカだった私。)

その車でドライブしていました。

夏の暑い日。

コンバータブル(オープンカー)だったので、トップをあけて。

私は、今でも本当にあの時、何が起こったのかわからないので、助手席の私からは見えないところで何かが起こっていたのだと思います。

ナルは、本当に嘘をつくし自分に都合が悪いことは全然事実と違うことを並べるので、最後まで真相はわかりませんでした。

私が知っているところで何が起こったかというと。

ナルの真っ赤な車で、家の近所を走っていました。

結構忙しい道で、たくさん車が通りますし、信号も数ブロックごとにあるような典型的な都会の道。

クロっぽいある車がものすごくナルの車に近づいてきて、止まりました。

仕方なく、ナルも停車。

クロちゃんカーから出てきたのは、カーリーヘアーな若いお姉ちゃん。

いきなり、出てきて、こっちにたたっと走りより、ナルの車にぺぺっとつばを吐いたのです。

わけがわからず私は唖然!

何がなんだか本当にわからなかったのです。

ナルは、もう怒り爆発。

車からでて、この女性につばを吐き返しました。

そしたらクロちゃんカーから今度は若い男が出てきました。

オレの女になんてことをするんだ!


ものすごい怒ってる!

ナルも、負けずに俺が何をしたんだ!

二人で言い争いをはじめました。

若いお姉ちゃんはただ笑っているし、私は、もう何もわからず固まってしまった。


ナルと、若い男は、言い争いをやめず、顔をどんどん近づけて、最後には鼻と鼻がくっつくほどの距離に!

いつ殴りだすかと思えるほど、ヒートアップ。

ただし、ここは人通りの多い車道の脇。

周りにはたくさんお店もあり、どんどん人が集ってきました。

最後には私はナルをひっぱり、若い男はおねえちゃんに引っ張られ、二人を引き離し、その場はおさまりました。

ナルはその後も怒りまくり。

オレは悪くない。そればかりでした。

本当に情けない私なのですが、その場ではナルをなぐさめて、理解ある彼女を必死でやりとおし、ナルを攻める言葉、本当に何が起こったのかの疑問。そんなことは一言も言えませんでした。

今振り返ると、

普通あんなバカみたいなけんかをするかい?

だいたい、何もしてないのに、何でわざわざあのお姉ちゃんは車から出てきてナルにつばを吐いたのよ

絶対に、ナルが先にあの車にむかってミドルフィンガーをしたか、女に目線を送ったか、何かしたに違いない


そんな簡単な疑問すら打ち消した私。

既に、ナルとの共依存にはまり、ひたすらナルと自分の世界にいました。










posted by: CH −自己紹介です | ナル 別れた旦那との出会いを振り返って | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:41 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1288
トラックバック