Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
親からのメッセージ 再度 今度はRelationshipについて (2)
 きのうに引き続き。

人付き合いについて。

今日は男性とのお付き合いです。

一番最初に男の子が家にきたことがあります。

小学校5年生のときです。

 
まあ小学生だったので、男の子の方もどうしていいのかわからなかったのだと思います。

この男の子、なんと友達5,6人と一緒に私の家に突然やってきました。

びっくりした。

年上の男の子です。

しかもどうしていいのかわからないため、この男の子軍団は、私の家の前でただ自転車にのってうろうろしていただけ。。。。。

まあ、今思えばかわいいもんですが。

問題は、田舎だし、ご近所の目があった。

隣は同じ学校に通う学年は違うけど男のがいたし、後ろの家にもいた。

このときのことは、その男の子がきたことに気をとられて、母の対応は忘れましたが、とにかく田舎のこと。

この出来ことは学校で話題になってしまいました。

CHさんは年上の○○君と、付き合ってると。

つきあうも何も、小学校5年の時です。

子供同士、面白おかしく学校で噂になっただけのこと。

でも、再度、田舎です。学校中に知れ渡り。

もちろん母にはしかられました。

かなり厳しく。

小学生だったのでこの件はそれだけで終わりましたが、その後を考えてみても。

中学でも、高校でも、ちょっとでも男の子が電話してきたり、うちにきたりなーんてことがあると大変なことに。

子供だったし、当時は受験第一だったから親の気持ちもわかり、受け入れてきたように思います。


が、しかし。

これは大学に入ってからも同じでした。

適当にボーイフレンドはいつもいましたが、母にばれると必ず批判が。

どの人も母が気に入ることはなかった。

そして最後に選んだのが究極なナルです。

ナルとの結婚を機会に母とは2年口をききませんでした。

ナルを選んだのが、母を意識していたのか?といわれると全然。ですが、深層では無意識にそうしたのかといわれればそうかもしれません。

母は必ず私のボーイフレンドを批判するのだから、究極な、もう絶対に母には受け入れられないようなナルを選んだ。かもしれません。

変な理論ですが、私にとって、ボーイフレンドは母からは受け入れられないもの。それが当然。という考えがあったでしょう。

母に受け入れてもらえそうな人を選ぶという気持ちはどこにもありませんでした。

というか、誰だったら受け入れてくれたのか?わかりません。

きっと誰でも、どんなに成功している素敵な優しい人でも母は受け入れなかったでしょう。

実際、姉たちも妹もいまだに独身なわけだし。

もう過去は過去でしょうがないけど、過去の自分の行動を認めるとすれば、そうかも。

自分の本当の意思を通さなかった。

自分が本当に欲しいもの、欲しい関係ということを全く無視した。

これは言えるのかもしれません。






posted by: CH −自己紹介です | カウンセリング | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:55 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1295
トラックバック