Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
久しぶりにユキコ道。ドキッとしました。
 この記事。結局、選ばれなかったのでしょうというタイトル。。。。ドキッとしました。

自分に当てはまるんじゃなくて、これものすごく私の長姉に当てはまります!

うちは、姉妹全員が事情ありで。。。。独身。

私の上の姉は一度も結婚したことがありません。

悲しいことですが、その姉にこの言葉はとっても当てはまります。

昔取った杵柄

すごい当てはまってる。

 人のことを大きな顔して言えない私ですが、姉は本当にすごい。

何がすごいって、勘違いが。

昔、中学生くらいの頃、確かにかわいかった。

それを今でも引きずってしまっていて。

もう40半ばを過ぎようとしているのに、まだまだかわいいと信じていて。

男性経験もそれなりに豊富っていえば豊富だけど、このユキコ道の記事にまさにあてはまる。

しかし、その昔取った杵柄の内容を聞いてみると、

何股にもされた内の1人であったり、

不倫関係であったり、

結婚をせがんだけれど、

その男性からはプロポーズされなかったり、

デートを数回しただけだったり、

何股もかけられはしなかったけれど、

社会的条件は良くても、

言葉の暴力を含むDV男性であったりと、


とにかく 

「 大事にされていない、それって交際していたって言えるの? 」

 

すごい。これ本当にまさに私の姉。

更に悲しいことに、うちの姉はこの年(40歳半ば)になってもまだ気がついていません。

自分が大事にされていないことに、気がついていないのです。

今でも結婚願望をもちろん捨てていないし、高望みは変わっていません。

こういうことは、まわりが言ってもわかりません。

言われると逆に反抗してしまって否定します。

友達が本当に心配してくれて言ってくれても、どうせ、私がもてるから嫉妬してるのよー。とか、

彼のことは私にしかわからないわ。とか。

言い訳を見つけては、自分の都合のいいように解釈します。

私がそうだったから。

間違いだったということは、自分がとんでもない経験をしてはじめてわかるもの。

私の場合は、それが渡米して家族から離れてのナルとの結婚。

姉の場合は、まだまだ両親と距離的にも近いのもあり、自分が大事にされていないということに気がつくことがないのかもしれません。





posted by: CH −自己紹介です | 男性とのお付き合い | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:27 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1305
トラックバック