Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
バレインタインキッス♪
 今日はバレンタイン♪

とはいえ、私には何も浮いた話しはありません!!(って力強く自慢してる場合じゃありませんが

アメリカは、男性が女性のためにディナーに連れて行って、素敵なギフトを上げる日。

子供にとってはイベントの日みたいなもんで、小学生の次男はかわいく、クラス全員のためにせっせとカードを作りました。

年頃、中学生になった長男は、お友達の様子を色々言っていて、自分は本当に愛している女性ができない限りやらないとか。えらそうなことを行っているので、長男ににバレンタインの話しをしていて、自分のことをふっと思い出しました。

日本は、女性が告白する日というのが定着してしまっています。

あれって、日本の文化にきっとぴったり合うからあそこまで定着しているんだろうなあ。

 
女性から贈り物をする。男性に告白する。

これは、今の私からすると、自分を大事にしていない行動です。

男性は自分から女性を追いかけたい。

女性から告白されて、はじめから、この女はおれに夢中。では絶対に女性を大事に甘やかすことはありません。

この考えは、ユキコ道にしっかり書いてありますので、そちらを参考に。

私は、ここがものすごく間違っていて、子供の頃から、男の子に追いかけられることがよくあったのですが、それが嫌で、嫌で。

つきあう男は自分から手に入れた人を好みました。

自然と大事にしてくれる男性とはつきあうことができませんでした。

つきあっても、自分から捨てました。

私を大事にしてくれる人は居心地が悪く、自分から、捨ててしまいます。

だからデートは今お休みしているわけですが。

このことは、本当によく考えます。

考えたくないので、本当だったら目をつむって気がつかない振りをしますが、これは私にとってどうしても考えておかなくてはいけないことだと思うので、しっかり考えています。

夏にちょこっとだけデートしたJさんとこのことで、気がついたことはたくさん。

別に彼のことに未練があるほど深くつきあっていなかったので、そうじゃなくて、あれほど、女性を大事にすることができる人をきっぱり、あっさり切ってしまった自分について、ちゃんと見つめなくっちゃと思っているのです。

できないことに意味がある。

そう思っています。

できない自分を責めるのではなくて、それを機会に自分の気持ちを受け止める。

さて、一方、長男の質問ですが、ママはバレンタインのプレゼントはもらったことあるの?

ナルから、もらったことは。。。。。

もちろんありません。

ナルは人にプレゼントなんかしません。

自分勝手だからです。

自分に利益にならないことはしないのがナルです。

当時はそういうナルが大好きでした。

私は、そうやって、私を大事にしてくれない男に依存することで自分を保っていたのです。

そういう生き方しか知らなかったんですよね。

私がナルを幸せにしてあげてるのよ!って自慢に思ってた。

人間、傷ついてはじめてわかることってありますが、ああやってナルと長年一緒にいて、今の自分がいるわけで。

こうやって考えられるようになっただけでもよかったなと思います。

少なくとも、息子にけんかばかりしている両親を見せることがなくなった。

こういうイベントの日は必ずけんかになっていましたから。

みなさんにも幸せなバレンタインが訪れますように。

Happy Valentines Day
posted by: CH −自己紹介です | 思い出 つらかったこと | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:58 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1346
トラックバック