Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ネガティブなとき
 すでに3月になってしまい、時間ってあっという間。

実は、今週はどうがんばっても立ち上がれないくらいネガティブです。

ネガティブなときは、自然とまわりにもネガティブがよってくるのか。

どうしても嫌なことが続きます。

買い物したり、女性とランチしたりして、がんばっているのですが、どうも立ち直れない。

そして立て続けに嫌な経験をしてしまいました。

 一人は、昔からしっている人。

息子さんのことで相談してくれたのですが、息子さん、もう高校生なのに、自分では何一つ解決できません。

簡単に言うと、学校でパニックを起こしそのまま運び出されたというようなこと。

お母さんが心配で、相手を訴えたいということで、はっきり言って、私には理解できないことだったので、そうじゃないんじゃないの?と言ってしまったら、逆切れ。電話切られちゃいました。

私から見ると、このお母さんは、お友達のせい、学校のせいで、息子を守り、自分がでていくことで息子は自分で自分を守ることができなくなっていると感じました。

問題といっても、いじめとか、暴力とかではありません。普通に、高校でおこりそうな、たいしたことない、友人問題。

そして、もう一人。

この方はもっと私とはかけ離れていて、子供がまだ小学校に入る前なのですが、全米でトップ10くらいの学区に引っ越したいと相談されました。どこがいいでしょうか?

??????

となるくらい、私には理解不可能な相談です。

全米でトップ10って、誰が決めるんでしょうか?

しかも小学校。無数にある、この広いアメリカで。

どこでも引っ越すことができる立場にいるというこの彼女。

言いませんでしたが、じゃ、全米でトップ10の数十ミリオンの家を買われたらどうですか?と思いましたが、ぐっとこらえ。

お互い、考え方が全く違うし、私にはそういう知識がないので、時間の無駄になるので私にはこれ以上助けることはできないと言ってしまいました。

帰ってきた返事は、いいえ、私もCHさんもかわいい子供のためにやっているのですから同じです。と。

これも余計なことなので言いませんでしたが、全然違います。

わたしは、今、この地に住んでいるのは、嫌々です。

仕事のためでも、子供の学校のためでもありません。

裁判命令だからです。

家は、破産して失ったから、私にはどこにもいけない。


家を買う予算がいくなのかわかりませんが、あなたと私じゃ置かれている立場も、教育に対する考え方も全く違います。



もちろん、この二人のこと、助けてあげたいのは山々。

アメリカに長くいるわけだし、同じ日本人。

助け合うのは当然です。

でも、理解できない、親としての考えをもったこの二人にわざわざ合わせてまで、時間をつくり、私のよく知らないことなので、時間をかけて調べてあげるということが入ってきます。

お断りしました。

おそらく、むこうも私にそういわれてショックだったと思います。

CHさんなら頼れると思っていただいたのだと思います。

私の外の顔から、Chさんと私は同じよ!ってうかれて連絡してきたのだと思います。


私はというと、友達失うとか、もともと友達じゃないので、全然気になりません。


ひとつ気になるのは、自分のこういうところです。

昔から全くかわりません。

やはり、女子高に行っていたリボンの騎士。

何の宣伝をしなくても、こうして日ごろからたくさんの女性に頼られます。

そして、むこうは、私が期待に応えないと切れます。

そういうの何回も繰り返してきたなあ。

今、すごーく、ネガティブなのは、先日またナルといやなことがあったのと、仕事も、私生活もとんでもなく忙しいから。

そうは外から見えないんだな。

私は、外からどう見えるか、自分じゃ全くわかっていなくて自覚していませんが、今回のことで、わかった。もう参りました。

認めます。

私はやっぱり女子高でのヒーロー

誰もが頼りにしたくなる

今はアメリカで、仕事して、子供を一人で育て、何でも一人でこなして、成功している。

CHさんなら頼れる。

CHさんならわかっている。何でも知っている。

それが外での私。

今までは、そんな期待に応えるように無理やり、自分をつくり、甘えることを許さず、がんばってきた気がします。


先日、これはまた別なんですが、以前、ちょっとだけお見かけしたことのある日本人女性からメール頂いて、ランチをご一緒させていただきました。

日本人で20代後半か、30代前半。

私は顔も思い出せないほどでしたが、

ひそかにCHさんにあこがれていたんですよ

そんなメールでした。

これもよくあるな。

人生、ずっとそうでした。

もう疲れた。本当に、今週はネガティブで疲れまくっています。

あんまりそういう弱音ははかないのですが、今日だけです。



posted by: CH −自己紹介です | 自分のこと | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:55 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1370
トラックバック