Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
本の話し
 LAでは絶対にはずせない、Book Offでのお買い物。

ほぼ全部$1コーナーから仕入れるので、昔はやったような本が多いのですが、その中でもいくつか、読みたかったものが手に入り、今回も大成功。

きのう読んだのが、飯島愛さんのプラトニックセックス。

飯島愛さんは、私のいっこ下。ほぼ同世代。

芸能界にいたときは私はすでにアメリカにいたため、あまり知らない人でしたが、亡くなってから、香山リカさんの本に彼女のことが書いてあり、それからものすごく興味をもって、彼女のことを読んでいました。

この本は、読みたいなあと思っていた本のひとつ。


前に、読んだことあるという友人が、本のはじめの半分の親とのことにふれて、かわいそうだったと言っていました。

はじめに読んで感じたのは、なんだ、これくらいか。でした。

とホホ。。。。自分の親と比べても、ま、これくらい。程度にしか私には感じられなかった。

私の親も半端ではありませんでした。

言葉のプレッシャーはものすごくありました。

私は、親がこの飯島愛さんと同じタイプですが、姉妹が多かったので、私自身が殴られた思いではありません。

姉たちや妹が殴られたのはよくありましたけど。

私は、親の期待に応え、それ以上をいつもやっていた。

いつの間にか、3番目の私が一番期待され、なんでも期待に応える希望の星になり、親の怒りは私に向けられたことはあまりありません。

放っておいても、私は何でもできて、いつもなんでも任せて安心な子供時代だったので。

だからといって、幸せになったわけではなくて、それなりにまた複雑なものがあるのですが。

話しがそれました。

私が関心をもったのは、飯島愛さんの、家出してからの人生です。

何度も本に出てきますが、今、この瞬間さえ楽しければいい。

何の将来の目標ももたづに、そのとき、そのときで仕事をし、遊ぶ。

そして、彼女はいつのまにか、テレビにたくさん出て、たくさんのファンがつき、色々な人に意見をもとめられるような存在に。

あんなにきれいで、かわいいのに、全然実は心の中は自信のなかった彼女。

愛されたい人からは愛されず。

求めても求めても、欲しいものは手に入らず。

自己がしっかり確立していないから、何が欲しいのかわからなかったのかなと思います。

ただ愛されたい。それだけ。でも手に入らない。

その辺は、香山リカさんとか、専門家が何度も書いています。

この本を書いたとき、まだ20代だったようですが、その後も、引き続き幸せを求めても手に入らなかった彼女。

最後で、親との和解が書かれているのですが、どうなんだろう。

一生、彼女の傷は癒されなかったんじゃないだろうか。

親との和解も、うまく書かれているけど、本当は納得してなかったんじゃないだろうか。

亡くなるまで、きっと悩んで悩んで悩み続けたんだろうなあ。と思います。

色々と考えさせられる本でした。










posted by: CH −自己紹介です | | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1385
トラックバック