Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
春といえば桜
 なつがく〜れば思い出す〜 ではありませんが、春ですね。

私が一番好きなお花は桜です。

福島では、有名な三春の滝桜もありますし、高校生の時は、学校総出で開成山公園という、市内で一番大きな公園でのお花見。

女子高でしたから、学校の外にでて、他校の生徒に会える機会は大イベント。

そんな楽しい思い出とは別に、やっぱり思い出してしまう嫌な思い出をここで吐き出しておきます。

私が好きな桜。

 結婚して、家を買ったのが1997年。

当時、ナルが自己愛とは知る由もなかった私です。

ナルは、はりきって、庭にお金をかけ始めました。

あまりにも、毎週お金を使ってくるので、心配になり私も一緒にホームセンターへ行き。

そのときに、ナルが、花を選んでいたので私は置いてあった桜の木にふと立ち止まりました。

これ、うちに植えたら育つかな?

ナル、上機嫌で、桜の木を買い、早速植えてくれました。

ここまでだと、なんて優しい旦那さん!

ところが、それじゃあすみませんでした。

その後も、何度もホームセンターへ足を運び続けたナル。

だいたい、春は、ほぼ毎週で、月に使う金額も半端ではありませんでした。

そして毎回、桜を買ってきて。

あわせて9本くらいかな。当時は、私のために桜を植えてくれたのね。って喜んでいました。

ところが。

ナルは人のためになんか何もしません。

自分のためにです。

桜を買ったのは、一方でそうしておけば、毎回ホームセンターでお金使ってきても、私のためにやってあげたといういいわけになるからです。

案の定、当時、ナルはよく人に、CHのためにおれは庭をせっせときれいにしてあげた。

プリンセスのために庭をつくった。

そんな感じのことを言い続けていました。

毎年、毎年、庭はどんどんエスカレートしていき、桜の場所はなくなっていき、最後に残ったのは2本。

ナルは、どんどん花を植え替え、木を植え替え。

CHの好きな桜なんて植え替えられていきました。

さらに、これはしだれ桜だったのですが、ナルは、自分の好きなように毎年枝をかなり短くしていき、せっかくのしだれ桜なのに、その優雅な姿になることは一度もありませんでした。

本当に悲しかった。

本来のしだれ桜の姿になるように、枝が育つことはさせてもらえず、短い枝にちょこっと花をつける木になっていました。

あれから15年。

今でもわずかに一本となりましたが、しだれ桜の木がナルの家にあります。

本の30CM程度しか枝はありません。

今でも枝は切っているのでしょう。

15年もたてば、木は堂々とした枝を伸ばし、たくさんの優雅な花がつくのに。

かわいそうな桜の木です。

この話し、長男には言ったことがあります。

あの桜の本来の姿は、これだよって。

近所に同じ時期に桜を買った家があって、底の家の桜はものすごく大きくなっています。

それを見たときにふと長男に言ってしまった。

長男、ママ、今年はさくら植えたら?って言ってました。

残念ながら、今の家はレンタルなので木は植えることはできません。

でも花は植えられるので、ちょっと研究中。

ナルに文句を言われず庭を触れる。

これもうれしいことです。

posted by: CH −自己紹介です | 思い出 つらかったこと | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 07:39 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1395
トラックバック