Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
人との別れ
先日、息子のお世話になっている方が、州外へ引っ越すことがわかりました。

チャーチ関係の方ですが、長男が、かなり頼りにし、お世話になった方です。

それをきいて、泣いちゃった女の子がいると聞いてそのお母さんと話をしていて、あ、これは駄目だなと思ってしまいました。これじゃ娘さんも情緒不安定でしょ。という、うまく説明できないのですが、そんな雰囲気のお母さんでした。

この息子がお世話になった方は、私もお世話になりました。

すごくさびしい。でも息子も、それほど後はひいていないし、私も。

お別れって、もうここ数年何回もあったので、平気になってきました。

昔はそうではなくて、なんにでもしがみついたけど。

今は、別れがやってきても自分のコントロールではないし、人が離れていくのは止めることができないとわかっているし、それに

別れがあってこそ、次の出会いのスペースができるってちゃんとわかっています。




 私にとって、ここ数年、かなりの別れがありました。

はじめは、人ではありませんが、家と車。

どちらも離婚で失ってしまった。

これも人でも物でもないですが、自己破産をしたため、クレジットスコアががくっと落ち、信用がなくなりました。

今でも悲しいけど、そこから学んだもののほうが大きいし、失っても、生きていけるんだとわかっただけでもありがたいと思っています。

人では、

2008年からお世話になっていたカウンセラーが50歳半ばで亡くなり

私を今の会社に雇ってくれた上司が44歳で亡くなり

ものすごく仲良くなった女性が急にカナダへ引越し

その後、彼女の友達だった女性と急に親しくなったと思ったらフロリダへ引越し

そして、今回の息子の恩人

と続きました。

いずれも、さびしいけれど、穴があいたところへは、新しい人との出会いがありました。

最後にフロリダへいっちゃった友人は、本当に仲良くしていたのですごく落ち込んで、その後、同じような立場の友人はつくれないでいました。

7月に彼女が引っ越してしまってから、誰も近寄せなかった。

ようやく、半年たって、3月にあるランチの機会があって、思い切ってでかけ、心を開き、今は新たな友人ができ、彼女とよく話しをするようになりました。

こうやって、振り返ってみると、お別れは悲しいけど、思い切って、心を開けば、そこにはちゃんと新たな出会いがやってくる。

よく、友達ができないとか、大人になってから信頼できる友人がいないとか言いますが、私の場合は、離婚してから、ものすごくいい出会いがたくさんあり、恵まれているなといえます。

仕事でも、うちは会社が大きいため、今でも連日レイオフの話しを聞きます。

それを聞いたら普通はというか昔の自分だったら不安が不安を呼んでいたかもしれません。

自分のレイオフでもないのに、不安になって、とことん落ちこむ。それがなくなりました。


変化というのはどこにでもあるし、自分ではどうにもできないもの。

例え、そういう状況になっても、しっかり次の道はあるんだしと思えます。

別れはつらくて、悲しいけど、ちゃんと次の出会いはあるもの。


そして、分かれるときがきた人とは、悲しむばかりじゃなくて、短い間にそこから得たものを考える。


そう思うと気持ちも楽です。






posted by: CH −自己紹介です | 自分のこと | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:45 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1397
トラックバック