Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ナル、ナル、ナル!

自分で言いますが、私は基本的にとてもオープンマインドで、ポジティブ。

めったに、人を恨んだり、憎んだり、仕返ししたいと思ったりしません。

先日書いた、パーティのように、人前にでるのも好きだし、会話を楽しむ人間です。

それを一変させるのがナルという人間。

別れたのに、いまだに苦しんでいます。

そんなナルの話は、どろどろなので、ここで書くのはあまり好きではないのですが、きっと参考になると思いますので、ここ数週間のナルの奇行を。

****暗いので、嫌な方はスルーを*****


 まず、きのうの記事の通り、春休みのときに、ポリスを呼びました。

あれから、長男がナルを本当に嫌がり、二度とナルの家にいきたくないと宣言。

はじめの一週間は、ナルもご機嫌とりをするかのように、何もしてこなかった。

それでも長男が自分のところに来ないと悟った瞬間に豹変。(ほんと、ナルは実は単純。この行動は読めますね。物事が自分の思い通りにならないと悟ったら即、怒り爆発)

長男が学校から帰ったところで、また説教をしたようです。

学校は、ナルの家から2分の距離で、長男はナルの家にいくしか方法がありません。

私の家は、ちょっと離れていて、同じ町だけど、中学の学区は隣。

その日、学校から帰った息子は、学校が配った、American Heart Associationの寄付集めに近所を回ったようです。

途中、何回も、携帯から私に電話をくれて、いくら集ったか報告していました。

ところが、家に帰ったら、ナルから怒られた。

寄付なんかしなくていい。

そんなお金はオレが一番必要なんだ。

あまっているお金があれば、父親のオレによこすべきた。

すごい意見ですね。

でもこれがナルという人間です。

何回か書きましたが、今年、Taxボランティアをはじめた私は、ずーっとボランティアやりたかった。

他にも、献血は毎回やっていたのですが、行くのもナルにばれないように、びくびくして行きました。

当時、ナルのお世話になった方が急に白血病で亡くなり、骨髄移植に登録しようとしたら、ナル、激怒。

チャリティーにお金を寄付なんてありえません。

ナルはそういうことは絶対に反対です。

なぜか。

この世の中で、自分ほど、えらい人間はいないからです。

自分が一番じゃないとだめだから。

他の人間が、何もしないのに恩恵を受ける。なーんてことはナルにとってあってはいけないのです。

当時、妻だった私は、ナル様以外に、奉仕をしてはいけない存在だったのです。

今は、息子という立場の息子。

息子も私がそうだったように、ナル様以外に奉仕をしてはいけません。

さらに、ナル自身がチャリティーに寄付をふるとすれば、それは何か、自分が注目を集めることができるときだけ。

例えば、寄付をすると、新聞に名前がでかでかとのるとか。

パーティで名前をよばれて表彰されるとか。

一度、公園の植樹にお金を出しました。

ナルを小さい頃、サッカーに連れて行ってくれた、公園で働いていた恩人がいるのですが、その人の名前を刻んだ盾が、その木の下に埋め込まれました。数百ドルしたと思います。

そんなことをしたのは、公園のチャリティでもなく、恩人の名誉のためでもなく、ナルが、職場に近いその公園を通ったときに、他の人に自慢できるからです。

ほぼ、毎日その公園にいく必要があるナルです。

さぞかし、自分のナルシズムを満足してくれるものとなったでしょう。

つまり、ひとのためではなくて、自分のためになることならするのです。

こんなバカな理論。

それがナルの頭。

長男、本当にかわいそうに。

自分のおこずかいから、$20を寄付したかっただけなのに、そのナルの怒りはただものではありませんでした。

もちろん、私にもテキストがきて、どれだけ長男の態度が悪いかと、延々と。

翌日は、中学の校長に電話したと、テキストが入っていました。

?????です。

なんで、ここに中学の校長か。

おそらくですが、どれだけこの寄付行為が間違っているか、あるいは、自分がどれだけ立派な父親かを中学の校長に説教するつもりだったんだと思います。

どうでもいいので、放っておきました。

バカなナル。

本当に、一生治りません。どころか、あまりにも自分がすごい人間だと信じ切っているため、ますます自信をつけ、行動がひどくなっていっています。

私にしてきたことと同じことを長男にいましています。

本当に長男がかわいそうでいたたまれません。

そして、そうしてしまったのは、ナルと結婚した自分です。

もちろん、後悔はしてもしょうがない。

これからです。

長男のサポートに必死に取り組むしかありません。




posted by: CH −自己紹介です | 自己愛性人格障害 ナルシスト | 03:46 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:46 | - | - |-
アメリカで住みたい。
38歳で未だに結婚もせず、目標もなく、ただアメリカで、暮らしたいと思いながら歳ばっかくっていきます(笑)現在はヘルパーとしてホスピスで働いてますが、時間もなく英会話学校にも通えません。インターネットなどで探しますが、年齢制限とかあってなかなか見つけられません。
旅行で行ってもいいかなと思いましたが、絶対そのまま住みたくなると思います。
英会話なんてパブで少し話す程度しかできません。やっぱ旅行で行くべきかなぁ
| yuko | 2012/04/12 6:29 PM |
yukoさん、

夢を見るのは絶対に無駄ではありませんが、具体的な目標がなく、漠然では行動につながらないですよね?課程を具体的に考えてみたことはありますか?私は息子たちにもいつもいいます。プロのスポーツ選手になりたいとか、ロックスターになりたいとか、子供は夢みますので、支えてあげますが、それにたどり着くまでの課程をしっかり自分で考えさせます。

イチロー選手の言葉が一番響くかと思いますが、彼はいつも具体的な目標をもっているからこそあそこまで成功しました。

アメリカで暮らすのは誰にでもできますよ。アメリカ人は、ここで生まれればそれだけで住んでいく場所はここです。何もアメリカだから特別ってことはありません。

アメリカに行きたいと言うのも簡単です。アメリカにいつか行くって言えば格好もいいですし。でもそこにたどり着くにはどうするか、具体的に考えなければ時間だけ過ぎます。それこそ、違法でただここにいるだけって人もたくさんいるでしょう?いつか、誰かいい人が現れてって他人まかせになって、いるだけならいられますよ。でもそれじゃただいるだけ。自分の人生何も達成していないのではないでしょうか。アメリカだって、年をとれば取るほど、仕事につくのは難しいですよ。日本のように、はっきり年齢制限は書きませんが、年なんて、学校卒業の年を書けばはっきりわかりますから、レジュメ送ったらたぶん素通りされますね。一度だけの人生、悔いのないように。
| CH | 2012/04/12 11:46 PM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1405
トラックバック