Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子供が嫌がっても
 結局、長男はどうしてもナルのところへ行きたがらない。

もう12歳だし、無理して強制していかせることもできない。

かと言って、相手はナル。

話し合いには到底ならない。

それどころか、テキストで、俺様がどんだけいい父親か、攻撃。

長男がどんどん不安になっていきました。


ここは、もうどうしようもなく、弁護士に電話しました。

弁護士は、やっぱり何もできないと。

できないとは言いませんでしたが、やんわり、お金を使ってやる価値はないと。

これが現実です。

父親が子供に会う権利はどこまでいってもなくなりません。

それを剥奪するには、父親がよっぽど危険でないと。

私の場合は、怒鳴る、怒りまくり、子供の話をきかない。自分勝手。

そんなくらいじゃあ父親が子供に会う権利はなくならないのです。

長男に、やっぱり何もできないよ。

父親に会いに行ってねって、説得しないといけない。

本当につらい。

次男だって、父親とは会いたくないのが本音。

二人をのせて車にのっていたら案の定ナルから電話がきて、がんがん怒鳴ってた。

それでも私は息子たちを連れて行かなければならない。

ナルの家にむかう車ではふたりとも無言でした。

これが現実。

変えることはできません。

だから、どうやって状況をいい方向にしていくのか。

それが私の責任。

それでも、こうして弁護士と話し合って、はっきりできることとできないことがわかったのは、少し安心することができました。

ここ何週間か、なき続ける長男を見て、どうしよう、どうしようってそればかり。

いざ、何もできないというか、お金かけて戦ってもしょうがないとはっきり信頼している弁護士から言ってもらったことで、安心。

これから、何に、どうフォーカスしていけばいいのか。

それがわかったので、安心。

まだまだ大変ですが、なぜかほっとしている自分がいます。



 
posted by: CH −自己紹介です | 離婚後のナルとのつきあい | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:54 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1408
トラックバック