Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
アメリカ離婚の現実
JUGEMテーマ:国際結婚
 
最近、立て続けに目にした、日本人妻の方で、離婚しようとしている人たち。口々に、親権はとりたいと言っていました。

何度も書きましたが、アメリカは、単独親権はありえません!!

よっぽどの時だけです。理由がなければ、単独はありえない。

その理由も、子供に危害が与えられるものでなければ駄目。

私が知り合った人たちの中で、知っている単独親権は一件だけです。

単独親権=Sole Custodyですが、そう主張する前に、ケースを調べましょう。

あなたと同じような状況で、過去にSole Custodyを取ったケースがあるのか。

ないのに、それを主張するのは、無理ってものです。

ここはアメリカ。

まずは、アメリカの裁判、判例を調べないで、自分の主張をするのは、それはわがまま以外の何者でもありません!!!

裁判がどういうものであるかは、自分でいいますが、私がいい例ではないでしょうか?
 日本人妻の方で、親権が欲しいと行っている場合が、ほとんど、こちらの親権について全く理解していないことがほとんど。

共同親権といっても、片方が養育権(居住する権利です)をもつのが通例です。

これは、子供にとって、行ったりきたりよりも、ひとつ、ここが家という場所があったほうが安定していていいという考えです。

離婚についての本をよむとすぐにこれが理解できます。

離婚を!と思ったら、自分の考えをまとめるためにも、本を数冊読むくらいはしてほしい。

子供のためにも、戦う前に、そのくらいの準備はおしまない。

一番一般的な、例は、

親権は共同

母親が優先居住権をもち、父親は面会権で、水曜の夜のディナーと、隔週は一緒に過ごす。

これが、いわゆるひな形です。

お奨めの本は、たくさんありますが、また別の日にリストします。

これが、おそらく、大多数の親権にあてはまると思います。

この共同の意味は、Legalです。

Legal ----法律で決まっていること。

では何が法律で決まっているのかというと、親としての義務です。


金銭面、子供の教育、宗教。そういったことを共同で決めるのは親としての義務。

その法律で決められている親としての義務を共同でという意味。

片方の合意なしに、勝手に学校を決めたり、お金のかかることを決めたりしないということ。

よくあるのが、お金持ちだと、私立の学校にいかせたりとか、サマーキャンプにとんでもない高いとこに入れたりとか。そういうことを勝手に片親が決めないということ。

これが共同。

単独を主張するということは、片親のこういう子供のことに対する決め事から一切排除するという意味です。

排除です。

これが、わかっていない人があまりにも多すぎる。

もういちどいいますが、単独というのは、むこうの親としての権利を剥奪するという意味になります。

つまり、あなたが、自分の親としての適応性を主張しているのではなくて、相手の権利を奪おうとしていると裁判所はみなします。

理解しないで、単独を主張するのはあまりにも危険です。

主張は自由ですからできます。

誰でも。主張はできる。

そして、弁護士もとめない弁護士もいるようです。

雇った本人が法律を理解せず、外国人、弁護士からしたらいい金づると思われていると思って間違いありません。

理由は、それを主張すれば、裁判が長く、厳しい戦いになり、結局弁護士代がかさむから。

私は主張した側ではありませんが、大変な裁判となりました。

その私を例にとれば、かかった弁護士代は、軽く高級新車が買える値段です。

大学卒業依頼、ずっと堅実に貯めてきた貯金は一切なくなり、足りずに借金がかさみました。

全て弁護士代へ消えました。

親権を裁判所で争い、戦うということはそういうことです。

いい弁護士というのは、きちんと、できること、できないことをはっきり言ってくれる弁護士です。

無駄な戦いをすすめる弁護士は、いい弁護士ではありません。

親権は共同、居住権は話し合って、決める。

それが、一番リーズナブルで、一般的な離婚です。

私の場合は、むこうが全然合意してくれず、親権は共同、居住権は一切CHに与えない、お金は全てCHが払え。と言い出したから、大変なことになったのです。

主張は自由。

誰もとめません。

そして、ナルの弁護士は、ナルの主張する正義=CHは、駄目な母親で子育て能力がない、仕事ばかりしている、俺は母親が遊び歩いているときに子供とじっと耐えてきたかわいそうな主夫だ。

これにのってしまった。私からしたら、とんでもない嘘だけと、ナルにとっての正義です。

ナルの弁護士は、世の中全ての働く、駄目な母親をつぶし、主夫を守る、正義の味方という仮面のもと、大変な勢いでこちらを攻めました。

それも可能なのがアメリカの裁判。

そして、訴えられたら、ディフェンスしないといけません。

何度も泣いて、あきらめようとしたのが私。

親権ももういらないと思わず口にしました。

それだけ、裁判というのは過酷なのです。

時間もかかり、お金もかかり、更に、もう精神的に追い詰められ、どんどん駄目になっていきます。

自分がおかしいんじゃないかと、何度も思いましたね。

単独を主張する前に。

自分のおかれている状況をもう一度、しっかり見つめ。

判例をよく勉強し、

アメリカの離婚について勉強し、

何が、できることで、できないことなのか。

冷静にならないと駄目です。

Emotionalで、むこうは私をこんなに酷い目にあわせ、傷つけ、苦労させたから、親権は絶対に単独で、ゆずらない!

気持ちはわかりますが、それは本当に危険な考えです。



posted by: CH −自己紹介です | 国際結婚・離婚について | 01:49 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:49 | - | - |-
こんにちは。アメリカでの離婚について調べていたら偶然辿り着きました。現在NYで暮らしていて親権、離婚、養育費の裁判中です。実は今日養育費の裁判日でしたが通訳が来なくて延期になりました。養育費の裁判に限らず他の今までにも裁判日に通訳が来なくて数回いろんな裁判が延期になりました。現在11ヶ月の娘と暮らしていますが精神的にも追い詰められて親権を諦めたら…、と考えてしまいます。自分でもどうしたら良いのか判断が出来ません。どちらのエリアで離婚されたのでしょうか?
| みどり | 2014/01/09 8:49 AM |
お前バカでしょ。なんでお前に説教されなアカンねん

どうせ書くなら事実だけ書けアホ


なんか書いたらすっきり(^_^)
| ボケ | 2015/12/26 12:58 PM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1443
トラックバック