Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
アレルギー治療
 全然このブログのテーマにしてきたこととは違うのですが、先日のりんごアレルギーについて書いたとき、いつもよりもご質問の数が増えたので、ちょっとわかる範囲で自分の経験を紹介しますね。

私は、花粉症はもちろんのこと、とにかくアレルギー体質です。

あまり意識していませんが、こうやって書いてみると、やっぱりそうですね。

なんにでも反応しちゃうというか、過敏なようです。

アトピーは、肌のバリアが弱いといいますが、それが私。

今でも、皮膚が薄いというか、さわるとはっきりとわかるほど、ふにゃふにゃって感じの皮膚です。よく言えば赤ちゃん肌。

年取っても、いまだに肌はそんな感じです。年取ったら皮膚も厚くなって丈夫になるかなと思っていましたが、全然変わらない。
まず、私がアトピーだとはっきり自分で理解したのは小学校2年生のときです。

残念ながら、親があまり子供に気をつける親ではなかったので、医者にいって治療しはじめたのは、自分で予約とって、自分でいけるようになった高校生からです。

その時点で、私の皮膚はぼろぼろでした。

高校生という年頃。

もう隠すことしか考えず。

どうして医者にいったかというと、ある年、ブヨ(これって東北だけでしょうか?)に刺され、それがとにかく炎症になって、一年も治らず、毎晩掻いてしまって、朝は血だらけということが一年続いたからです。

 そのブヨは、医者にいったきっかけであって、アトピーは本当に長いおつきあい。

小学校のときは、とにかく指の間が痒くて、常に指は赤くぽつぽつができていました。

そして、もちろんアトピーの典型。ひじの内側とひざのうら。さらに私は首が大変でした。

子供の頃は、母に赤チンを塗りまくられ、よけいに恥ずかしくて肌をひたすら隠し。

中学のときは、首に包帯まいて登校したこともしばしば。

母は、自分なりの治療を私にして、とにかく乾燥させろとか、汗疹の治療が必要だとか、そんな感じ。

一度は、なんかパウダーに変わる液体をたっぷりつけられてました。。。。

高校生になって、自転車通学で、自由になった私は皮膚科を自分で探して予約をとりました。

評判の皮膚科をお友達にきいたりして。まだインターネットなんかない時代です。人のおすすめが頼り。

二件ほど、行きましたが、そのどちらも、軽いステロイドの軟膏と、赤外線をあてる治療でした。

赤外線についてはまた後日書きます。

これがまったくきかず。

軟膏は、一時的には効くのですが、私の場合、夜、無意識に掻いてしまうのが問題だったので、軟膏を付け続けることができなければ駄目で、やっぱり朝は血だらけに。。。。

一年以上通っても治らず。

最後に姉が友達の家がお医者さんとかで、その人を紹介してもらいました。

ものすごーくちっちゃなクリニックでした。

駅前の雑居ビルの3階にひっそりと、そのクリニックはありました。

皮膚科専門。

見かけとは違い、そのクリニックのお医者さんはものすごく親身になって私が年頃であること、今まで何年も湿疹になっていることなどを聞いてくれました。

そして、そのお医者さん、もう軟膏じゃああなたにはきかない。と言って、してくれた治療は。。。

注射で直接患部に薬をいれる方法。

これは、時間がかかります。

お医者さんが、ひとつひとつ、患部に注射していくのです。

それが本当によくききました。

どのくらいの頻度で通ったのかよく覚えていませんが、学校帰りによくそのクリニックに通い、またたくまに私の足にあったブヨ皮膚炎は消えました。

他の部分は、まだ軟膏をつけて抑えていましたが、完治までにはいかず。

それと、顔にもにきびのような炎症があったのですが、それもこのクリニックの出してくれた塗り薬がものすごく効いて、治りました。

あれは、なんだったのか、全然わからないので、紹介できないのですが、クリームではなくて、目薬のようなちっちゃなボトルにはいった、液体。美容液みたいな感じのものでした。

その後、私は高校を卒業し、東京へ出てしまったのですが、今でもあのクリニックに出会わなければ、直せなかったかもと思います。

それだけどの皮膚科とも違いました。

そのクリニック、今はもうないと姉に聞きました。

先生がどこかに引っ越したようで。

ま、いずれにしても私が高校生のときの先生だから、今じゃあリタイアしていてもおかしくない年齢です。

東京でもやっぱり、アレルギー体質。

症状がひどくなるたびに、通った皮膚科も、前と同じように、軟膏と赤外線の治療。

全然アトピーにはききませんでした。

じゃあ、どうやってここまできたのか?

それは長くなったので、次回。
posted by: CH −自己紹介です | アレルギー | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:22 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1454
トラックバック