Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
本当に終わらない
 先日書いた通り、ナルシストは演技がうまい。

人をだますことなんてお手の物。

だますという自覚が全くないので手に負えません。

そんなナルにだまされたのが私ですが。

今回、長男のことでまた頭が痛く、どうしていいのか、煮詰まっています。

長男、完全に、ナルのところへ行くのを拒否。

拒絶反応です。



 前回、地下に一日閉じ込められたことを書きました。

その後、カウンセラーがDCFSへ通知。州によってはCPSとか言うのかな。Child Protection Serviceです。

怒りまくったナルは、長男へ電話。

22分にわたり、怒鳴り続けたそうです。


それ以来、長男はナルと会話も拒否。行くのも拒否。

ひたすら家に引きこもりになってしまいました。

友達とは出かけますが、それだけ。

一方、DCFSについては、ナルには24時間以内に連絡してきたようですが、私には一切何もなし。

長男への面会もまだです。

もともと、DCFSに期待はしていけないのはわかっていますが、もしかしたらとひそかな期待はまだあったので、とてもがっかりです。

では、今、私は何ができるのか。

リストレーニングオーダーを取るというのはひとつの選択です。

でも、その行動に出たら、ナルは怒り狂うでしょう。

次男への影響も多大なものとなります。

今までも楽ではありませんでしたが、おそらく、反撃はものすごいものだと予想されます。

それでもやるのか。

躊躇しています。

他に選択肢は?

ないのです。

弁護士に前回も、相談したけど、親権の変更を求める裁判を起こすしか方法はありません。

それには、またこれも前に記事にしておりますが、何年もかかるかもしれない。

しかもGAL等をジャッジにオーダーされたら、それに従わなくてはいけない。

弁護士代もかかって、ますますストレスが増え、日々の生活に支障が出て、息子たちはそんな中で成長しなくてはいけない。

相手がナルシストなのです。

こちらがやんわりと、話し合いしたいと言っても、絶対にそうはならないのです。


他に選択があったらとっくにしています。

posted by: CH −自己紹介です | DCFS | 05:00 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 05:00 | - | - |-
大変ですね。我が家も現在弁護士と元旦那との面会権を減らすように準備しています。お金がどれだけかかるのか。。。相手がどんな行動にでるか分からないので、ADTのセキュリティーを自宅につけました。これから監視カメラも購入します。そばに住んでいたらお互いナルシストに対する苦労話が出来ますね。
| Yukari | 2012/06/14 1:29 AM |
Yukariさん、
コメント返しが遅くなりました。
Yukariさんもアメリカでしたよね?
そうなんですか。お金は、むこうがどれだけ反論してくるかですね。うちはそれがわかっているのでばかばかしくて。
カメラもいい考えですね。うちも犬でも飼いたいところです。お互いがんばりましょう。
| CH | 2012/06/26 4:17 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1472
トラックバック