Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
母の言葉の重み
 自分が大人になって、つくづく感じることは、親の影響ってどこまでもあるなということです。

私はもういいかげん、いい大人。

というか、41歳の正真正銘のおばさん年齢です。

それでも。

母の言葉というのはしっかりと刻み込まれております。

いい言葉ももちろんありました。おかげさまで今日の私はまじめに仕事をして子供を育てています。

でも影響が出ているのは、ネガティブなところ。

ここ数週間、息子たちのモデルのことが忙しくなりすぎ、どうしてこんなに落ち込むのか考えていたら母のことを思いました。


 長男が、急に役者になりたいと言い出したのはもう3年くらい前です。

まさか、なれないだろうという気持ちで、オーディションを受けさせたら受かってしまって。

それから、悩み、姉に相談したのです。

姉経由で母に伝わり。

母から電話で開口一番、やめなさい。

そんな子供を連れまわすのはやめなさい。

と言われました。

非常に落ち込みましたが、そんな母なのはわかっていたので、やはり子供がやりたいということ、やらせてあげようと。今日までがんばってきました。

母には、たまに息子が出た広告の写真を送るくらいで、あまりもうコンタクトもしません。

最後に話したのはもうだいぶ前。

話は変わり、ここ最近のこと。

次男、長男ともにたてつづけにオーディションやら、お仕事やらまわってきていて、はっきり言って、ばたばた。

自分の仕事がまずフルタイムであるのに、子供のこのスケジュールのやりくりは全て私です。

これが本当に大変で、失敗もあります。

ダブルブッキングを一度してしまい、エージェントに酷く怒られました。

さらに、予定が急にかわったりして、できるはずのお仕事ができなくなって次男をがっかりさせたり。

そういう失敗があるたびに、ああ、母の言うことは正しかったんだ。

私はこんなお仕事の世界に足を踏み入れちゃいけなかったんだ。

と、大変ネガティブになります。

母は正しいと、いつまでも心の中で感じているわけです。

大人なんだし、成功も失敗も自分のもの。

それが中々できません。

でもそうやって気がつくのは大事。

落ち込んだときに、なんでこんなに落ち込んでるのかが自分の頭で理解できます。

こんなばたばたですが、それでもやりくりできているんだし。

仕事、できなかったものは、それはやらないようにもともとできていたもの。

その分他のお仕事があるんだから。そっちがあることに感謝。

ということで、今週はオーディションプラスお仕事

来週もお仕事。

なんだか息子たち、大活躍です。

posted by: CH −自己紹介です | 自分のこと | 00:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:56 | - | - |-
はじめまして。日本からです。私もシングルマザーですが、外国で暮らしながらも忙しい毎日を楽しく過ごしてるブログ、楽しく読ませて頂きました。会社で苦手な人が出来、顔を合わせるのも苦痛になり、頑張ってきた仕事も、なんだかそんな些細な事で、自分が辞めたいなぁと。ネガティブな考えばかりの今日この頃。自分は、自分!と頑張るしかないのかなぁ〜!ブログ、楽しみにしてます!
| MIZUKI | 2012/06/23 11:43 PM |
Mizukiさん、
はじめまして。コメントうれしいです。
嫌なこともあるのが毎日ですし、ネガティブになってもしょうがないです。私もそういう日も実はあります。本当に自分は自分ですね。
お互いがんばりましょう。
| CH | 2012/06/26 4:15 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1481
トラックバック