Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
女性と仕事(2)
前回、このこと書きます!と宣言してから数日たっちゃいました。

女性が仕事しながら育児をするということについてです。

今度Yahooの新CEOが妊娠していることを発表したのを機会に色々と思うことがありました。

アメリカは、恵まれていると、日本からよく思いがちですが、こと、仕事しながらの育児についての制度は、日本の方が恵まれています。

日本は、何でも制度に沿って。となるので、まず制度ありき。

自然と、まずは制度を先に整えるということになりがちです。


だからかな。日本は、しっかり育休制度があります。

本当にうらやましい。1年も休める制度です。

一方のアメリカは。。。。





法律で決まっている、Family and Medical Leaveを使うと、最高で3ヶ月。無給。ただし、会社によってはVacationやらSick dayやらをあわせて使うことができる。

私は、息子たち二人とも12週きっかりとって戻りました。

無給で休むことができなかったのが一番の原因。

とにかく、私の給料なしでは生活できませんでした。

一時は、仕事がうまくいっていたので、ナルに家にいて主夫になってもらおうと考えたりしましたが、ナルはそういうことはしてくれません。

結局、ナニーを雇うほどの給料はなかったので、長男、次男とも、赤ちゃんのときは、Home day careと言われる、自宅で、デイケアを経営している個人に預けました。

決め手は、今だから言いますが、やっぱり値段です。

はじめは、しっかりした会社経営の、デイケアにいれるつもりだったのですが、私の住んでいるところでは、当時、12年前で、週に少なくとも$250位。$350とかも普通でした。

月に軽く$1000超える。

12年前の私の給料は、約$30,000程度。

どう計算してもやっていけません。

それを知ったときに、愕然としました。

何とかなるだろうとたかをくくっていて。

これじゃあやっていけない。

本当に、悩み、ようやくファミリーデイケアというのに落ち着いたのでした。

それでも、しばらくは心配で心配で。

かなり苦しみました。

せめてもの自己満足ですが、母乳だけは続けようと決めて、毎日毎日会社で、搾乳。

12ヶ月になるまで続けました。

今考えても、よくやったよなーと思います。

でも、幸せでしたね。

赤ちゃんだと、誰もが、大変なんだと認めます。

会社でも、そういうの多めにみてくれて。

赤ちゃんってまわりを幸せにしてくれるものだなあと思いました。

お金もなくて、大変だったけど、家に帰って、赤ちゃんだった息子たちを世話するのが本当に楽しかった。

そういうのがあったから、夫婦間の問題なんかには目をむけることもなかったのかもしれません。

仕事もがんばれたし。

こうやって振り返ると、当時は幸せだったなと思います。

大変だったけど。

やればできるものですね。


posted by: CH −自己紹介です | 仕事 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:52 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1511
トラックバック