Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
長男とナルの状況
 長男がナルに会うことも話すことも拒否するようになってから、早2ヶ月がたとうとしています。

その間、本当に長男は元気になり、今は生き生きとしています。

但し、ナルへの恐怖は消えません。

引き続きあきらめるわけもないナル。

私にテキストを送り続け、平気で私の家に現れます。

家にはもちろん入れませんが、現れるだけで、心臓がとまります。

少し進展があったとすれば、とにかくこの心臓バクバク状態を終わらせるためにも、行動を起こそうということで、第3者を入れた三社面談を私から申し入れました。
 第3者には、長男のカウンセラー。

早速ナルは、カウンセラーに電話を入れ、面接を申し入れたそうです。

カウンセラーは、そのことについて、長男の気持ちをまず大事にしたいということで、三者面談ではなく、ナルとカウンセラーで一対一で話をしてみるということになりました。

どうしてかというと、長男、とにかく父親であるナルのことを拒否したい。

会うのも嫌だし、話すのも嫌。

カウンセラーと私を入れても会うのも嫌。

これが今の長男の気持ちです。

ただ、会わなくてはいけないというのはわかっている。

今は会いたくない。

どうしても裁判で会わなくてはいけないと決まっているからしょうがないからいずれ会いに行くけど、あっても、無視するつもりだ。

そう私にも言ったし、カウンセラーにも言っています。

ここまで、ナルのことは嫌い。

12年間、ずっと子供なりに父親に期待し、がんばってきたけど、もういい。嫌い。

そういう気持ちで固まっています。

会いに行かなければいけないのは裁判で決まっていることも理解している大人な長男。

それでも、子供の意見は聞いてくれない裁判という仕組み。

今は次男のこともあるし、長男はいずれはナルの家にいかなければいけない日はいくようになると思います。

残念ながら、これが現実です。


posted by: CH −自己紹介です | 自分のこと | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:42 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1512
トラックバック