Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
IRSからこんな手紙が。すっかり記憶にありませんでした。。。
 Taxのボランティアをしていて、人にはTaxのこと教える立場でありながら、全くお恥ずかしい限りですが、IRS(アメリカの税務署です。)から手紙が来ました。

あまりにもどきどきしたので、しばらく放っておいたのですが、放っておいても無くなるわけでもなく。

ようやく勇気だし、じっくり読みました。

2010年のTaxに間違いがあって、ついては8月22日までに返答のこと。追加で$xxx払ってください。

ひえ〜〜〜。もう泣きたくなりました


 まず最初に思ったのは、否定です

そんなはずはないでしょう?


だって、Taxのボランティアをしている理由は、こういうことやるの得意だからです。

アメリカにきてから、早19年になりますが、毎年、Taxは自分でやってきました。

間違いのはずはない!!

と鼻息荒く、しばらく、2010年の資料をひたすら読みまくっていたら。

自分のファイルだけじゃなく、オンラインで過去のステートメントをひっくり返して。

2日たって、ようやく、記憶から完全にあることが抜けていたことがわかりました。

実は、離婚が成立したときに、Retirementの投資である、会社の401(K)からお金を引き出したんでした。。。トホホ。。。

〜〜〜当時にさかのぼると〜〜〜

離婚成立が2010年2月。

離婚が成立するまでは、まだ夫婦のため、勝手にお金を動かすことは許されません。

何度か、そのことでももめたっけ。

2年という長い間、何度も裁判に出廷しなくてはならず、最後はトライアルまで行くというところまで行った私には、もうお金が全くありませんでした。

弁護士代は、一度は自己破産でなくなりましたが、さらにそこから一年も続いたため、新たな弁護士代がものすごくありました。

これから、何年かけて支払っていくことになるのだろう。。。。

そう不安になっていたら、弁護士が、一括で払ってくれれば、$6,000引きます。

と言って来たのです。

そして、唯一、こういうお金のことも当時は相談していた親友Eに、弁護士代をクリアにしないとMove onできないんじゃないか。

この一言で決心したのですが。

とはいえ、貯金ゼロ。自己破産。クレジットカードなし。

親にはもう頼るだけ頼ってしまった。

そんな私に残されたのは、Retirementの口座だけでした。

躊躇しましたよ。かなり。

これまで、こつこつ貯めて来たのに。

それも、でもここで、クリアにして、また挽回できる。

と自分に言い聞かせ、決心したのです。

それほど、苦しんで下ろした金額だったのに、2年以上たった今は、記憶からすっかり消えていました。自分でも驚きましたね。本当に忘れていたのです。

IRSからの手紙が来たとき、そんなばかな。と、それしか思えなくて、だから2日もかけて、過去の書類をひっくり返したのです。

そっかー。そういえば。お金下ろしたんだった。。。とほほです。忘れるって、こんな大事なことを。。。。

しばらくショックでした。



401(K)、これは、Retirement用のアカウントで、税前の給料が投資に回るため、引き出すときに税金がかかります。

さらに、一定の年齢に達していないで引き出すと10%のペナルティ。

それは十分理解して引き出したはずですが、この401(K)を引き出した。ことを私は完全に忘れていたのです。

下ろしたのが2月だったので、翌年、Taxをやることには既に一年たっていて、おそらく完全に記憶に残っていなかったでしょう。

本当に、ぽっかりとこれが抜けていました。。。

ひえ〜。そんな単純な間違いを自分のTaxでしていたんだ。

なんか恥ずかしい。

まあ、それはそれ。

今の問題は、これによって、私がIRSに払う追加は約$2,000.。。どうしよう。。。

まあ、そこはTaxボランティア。IRSは、分割払いがあるんですよ。と今まで、何人のクライアントさんにアドバイスしてきたことか。

IRSは無視してはますますどつぼにはまっていきます。

さっさと書類を提出して、支払いは、できる範囲で、分割が賢いやり方。

とにかく、いいレッスンになりました。


posted by: CH −自己紹介です | 離婚後の生活 | 02:59 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:59 | - | - |-
CHさん
そのショックは個人的によく分かります。一つは金銭的な負担、もう一つは、この自分が。。。という信じられない気持ち。自分にも過去似たようなことがあったからです。また最近では、金額的には比較的小額なものの(でも痛い)、道で止められポリスに免許証を見せた時に、有効期限が2年近くも切れていることを指摘され、すごいショックを受けたことがありました。チケットを貰いながら、本当ならば無免許運転なので車を撤収するんだぞ、言われましたが、幸運にも同乗者がいたのでその人が運転することで、その場は収めてくれました。免許の期限については、(本当に)更新通知が来なかったので全く忘れていた、と弁解するとPay attention!と言われました。返す言葉もありません。DMVに2日後に行き再試験を受けて免許を更新し、また近くの裁判所でのチケットの支払いは$350位でしが、それ以上に、車無しでは明日から何も出来ないのに、こんな生活の基本的なことを全く忘れていたこと、ポリスに言われたPay attention!の全く真実を突いた言葉が忘れられず、暫くの間はショック状態でした。
| Aki | 2012/08/09 1:18 AM |
Akiさん、

わかってもらてうれしいです。Akiさんもそうなんですね。
お気持ちよーくわかりますよ。
私もようやくショックが抜けてきて、きちんと対応できそうです!

では
| CH | 2012/08/11 3:23 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1527
トラックバック