Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
自分に嘘をつく
 今日は、ふと、もしあのまま離婚していなかったらどうだったんだろうということを考えました。

理由は特にないのですが、ナルのバカぶりをまた目にして、それをかばおうとした自分がいました。

ナル、サッカーのコーチなんですが、チーム写真の撮影場所を間違ってメールで流していました。

あるチャーチで場所を借りてやるのですが、勝手に思い込んでいるチャーチをメールに流していて。

放っておくのが本当はいいのですが、ついやっぱり他の保護者に迷惑はかけられないから、訂正のメールを私から出しました。

例えば、ナルに言って、ナルから直させるというのは私にとってもっとつらいことです。

ナルは指摘されて、教えてくれてありがとう!とはならないからです。ナルとはやりとりしないに限ります。

で、結婚していた頃は、いつもこうでした。

ナルの失敗やら、失言やらはいつもで、その尻拭いを私はしていました。

それは、本当はナルがおかしいとは思っていても、否定して、ナルは悪気はないし、かわいそうだからかばってあげないと。そう思っている自分がいた。

つまり、自分に嘘をついて、事実をみないようにしていたのです。




自分の気持ちに嘘をついてまで、ナルをかばっていました。

いつも、いつも。

だから、くせになっていて、そうやっているという自覚もなく。

ナルの尻拭いは当たり前でした。

メールの訂正は、本当によくやっていた。

お金の管理をしていたのも、もともとは、ナルが付き合っていた頃、電話代未払いだったから。

さらには、私の前に付き合っていたガールフレンドが無断で(そうナルが言っていた)使った、ナル名義のクレジットカードの支払いも。

車の支払いもしたっけ。

そして、最終的には家の支払いは私がしていました。


はじめは、小さいこと。

テレビだったか、ソファだったか。

それを払って上げた。

おかしい、私が払うべきじゃないとわかっていたのに、目をつぶっちゃった。

そして、12年たった時、家を私は全部払っていて。

そんな風に、自分に正直じゃないと、どんどん問題は大きくなっていって、抱えきれなくなるのです。

早いうちに、小さいうちに、これはおかしい、私には手に負えないって、認めることができていれば、あんな風にならなかったのに。

本当に、ナルとはいつもたくさんけんかしました。

こんなに私はがんばっているのに、どうして報われないのか

そう疑問に思ってばかり。

いつかわかってくれる、必ずわかってくれる。のいつかは決してやって来ませんでした。

その前に、私が力づきました。


けんかになったのも、自分に正直じゃないことが、根本的な理由だったんじゃないかと今は思います。

傲慢にも、ナルが、変わってくれることに賭けていて、自分が原因とは全く思っていませんでした。

ナルは、変わらず、私が最後は変わった。

それではじめて離婚できました。


なんだか、今日は単なるつぶやきになってしまい、意味不明ですね。

ちょっと、いろいろ他にもあって、やっぱり自分に正直に。

感情じゃなくて、今、目の前で起こっていることにしっかり集中しよう。

なんだかそんな風に考えた日です。





 
posted by: CH −自己紹介です | 自分のこと | 13:35 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:35 | - | - |-
なぜか私とダブって感じます。
前の主人に両親が残してくれたお金をギャンブルでほとんど使われて、わずかなお金を持って結婚した私が、今乗っている車も私のお金から支払いました。
GreenCardが取れてから働いたお金も みな彼にチェックを渡し、お昼はお弁当、小遣いもなしでした。
許してしまう自分があって、結局嫌な思いをするのは私。
人を利用することを、何にも感じていない彼。
いまだに変わっていません。
いさめることばかり、自分のことは棚に上げて、いろいろ言ってきます。
10年経って’やっと自分の意見を出せるようになってきましたが、そういう私に短気な彼は 用があって連絡したときでも
自分の思うようにならないと電話を切ってしまいました。
どこまでおばかさんなんでしょうと、いまは離れて彼をみることが出来る様になりました。
これからは 自分の大切にして、これから先物事が前に進んでいくようにしたいと思っています。
長々と私のことばかり書いてしまってごめんなさい。
| Norah | 2012/09/18 11:23 PM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1570
トラックバック