Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
大統領のインタビュー
 週末に、なんとなくCNNをちらっと見ていたら、オバマ大統領のインタビューが出ていました。

その中でとても興味深いことが。

オバマ大統領、普段は、6時半に家に帰るようにしているということです。

大統領だけど、父親という姿勢を貫いているんですね。

そして、おまけに娘さんのバスケットボールチームのコーチの手伝いもしてるんだそうです。

たしか、だいぶ昔に俳優のダンゼル・ワシントンが、娘のバスケのコーチをしている話をしていた。

アメリカでは、できる男はこういうの当たり前のようにこなします。

 
もちろん、オバマ大統領、毎日6時半に帰るわけではないと思いますが、できるだけそうできるように努力しているのでしょう。

アメリカにいると、仕事のできる、できないは、必ずしもOfficeに長い時間、しっかりいるか、いないかじゃないのがわかります。

フットワーク軽く、飛び回るのが当たり前。

外に出ていても、必ず連絡がついて、仕事ができればそれでよしです。

私の上司の上司、NYの大ボスですが、彼が、私の知っている限りで、一番典型的なアメリカの会社でできる男です。

娘さんは二人。

今は大学生になっちゃったけど、中学生とか、ちっちゃいときはサッカーのコーチをしていたそうです。


彼くらいのポジションだと、かなりの忙しさです。

それでも、夕方は、できるだけ5時半には会社を出るんだと言っていました。

NYだから、電車で、コネチカットの自宅まで一時間。

5時半にでないと、コーチはできないし、夕飯を一緒にとれないから。

家族の時間を本当に大切にしています。

彼は、仕事ができるので、文句は言われない。

やることやっているのだから。

それに、非常に人柄がよく、部下にも気を配ります。

かといって、お高くとまっているわけでもなく、私のような下の方の人間にも、必ず声をかけ、心配し、時間をつくってくれます。

朝は、4時起きで、仕事をして、5時半を目標に帰る。

だらだらと仕事をしない。

そんな上司だから、自然と好かれ、まわりにも優秀な人間が集ります。


オバマさん、お父さんとしては、娘さんも大好きなお父さんなんだろうなと思います。

私は、自分の父親がほぼ家にいない商社マンだったので、こういう父親、もったことないのですが、娘にとって父親の影響は多大です。

大統領としては、景気が滞り、失業率が改善しないため、かなり厳しく、この中間選挙も苦戦になりそうですし、対抗するロムニー氏にしても、いい父親、いい旦那をかなり出しています。

アメリカ人にとって、家庭を大事にするって、やっぱり政治家である前に、まず大事なんじゃないかと思います。

posted by: CH −自己紹介です | 雑談 | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:19 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1573
トラックバック