Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子供とちゃんと向き合っていますか?
 離婚して一番心配なのは子供のこと。

離婚できない理由の一番も子供のため。

私は逆に子供のためにも離婚しました。

そんな子供たち。すごく元気。

私は上司の理解があって、週に一度家で仕事をさせてもらっているのですが、その日は、次男を小学校へ迎えにいって、お昼ご飯を一緒に食べます。

先週と先々週は色々あって、家で仕事できなかったので、久しぶり。

出口で待ってたら、次男、走って出てきて。思わすハグしちゃいました。

すっごく次男もうれしそうで。
 子供って、こういう小さいことが一番うれしくて、しかも記憶にも残ります。

もちろん、夏休みにディズニーに行ったことは一生忘れませんが、こうした、日々の小さいことが一番大事。

私は、フルタイムでずーっと仕事していますから、長男の時から、とにかく小さいことでも大事に思ってきました。

過ごせる時間をありがたく思い。

できるだけ、子供といるときは100%子供の言葉を聞く。


次男は、中々シャイですが、私とはかなりしゃべります。

何でも話してくれるので、ちょっとでも次男の様子がおかしいとすぐにわかります。

長男は、もう中学生だから、今更私がどうのこうのできる年齢ではないのですが、長男を見ていると、これまでの子育ては正しかった。間違ってなかったと自信になります。

ナルみたいなひどい父親がいて、子供もそうなるのでしょうか?

そんな質問も受けますが、大丈夫です。

父親がひどい分、普通の親としての愛情を態度で示せば。子供は自然と、何が本当の愛なのか感じてくれます。

私は、父親がひどいとか、悪口は一言も言ったことがありません。

それでも子供たち、はっきりわかっています。父親がどういう人間なのか。

それを恥ずかしいとも思っていないし、それだから父親が大嫌いではありません。

それはそれで、理解して、それでも父親。

一生父親です。

私ができるのはじっと見守って、わたしのところに来たとき、精一杯のことをしてあげること。

甘やかすということではありません。

子供と100%向き合う。

彼らが、うちに来たときは安全、何でもありで、つつみ隠さず、自分を素直に出せるようにしてあげること。

駆け出して学校から出てきた次男を見ていたら、なんだかそんなことを思いました。

posted by: CH −自己紹介です | シングルペアレント生活 | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:36 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1576
トラックバック