Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
いじめって。。。
 ブログのいいところは、自分のものなので、好き勝手に書けることです。

また話しが飛びますが、先日ある飲み会にまだ20代の若い方が来ていて、私たち、アラフォーが、松田聖子がどうのとか、中森明菜がどうとか言っていたら、中森明菜って誰ですか?とつっこまれ、がーん。

年を感じるのはこういうときですね

でも、歌って不思議で、若い頃必死になって聞いていた歌はいつまでも心に残っています。

忘れていても、ふと耳にすると、あ、これ。って思い出す。

今日はそんな日でした。

 前にも書きました。ブルーハーツというバンドが私が高校生のとき、すごく流行っていた。あ

私は、小学校から中学にかけて、かなりひどいいじめにあいました。

高校生になって、市内一番の進学校、県立の女子高に入って、はじめて、学校でいじめられないという環境になりました。

でも、5年もいじめられると心はずたずた。

そんな中、このブルーハーツには、ほんと慰められたものです。

尾崎豊やら、ちょっと心はブルー。Depressiveな歌に惹かれていました。

その尾崎も今の人たちはきっと知らないのかもしれません。

すっかりおばさんになったのねえ。

先日友人がバンド組んでいてあるワインバーで演奏するからとその準備にオリジナルCDをくれたのですが、これが、もうすっかり80年代!

笑いました。

同世代、やっぱり音楽は同じようなもんで育っているのです。

さて、子供時代を振り返ったついでに、いじめについても書いておきます。

私がいじめられた理由は簡単。

目立っていたからです。

地方の田舎では、その土地の人間ではないと、よそ者扱いです。

私はまさにそのよそ者でした。

まず方言を話せません。

父はもともと東北の人間なのですが、東京で母と出会っているため、両親は家では標準語。

子供の頃、いつも田舎でしたが、転勤族だったので、ひとつの土地がふるさと。ということはなくて、方言をマスターできませんでした。

これは、田舎では致命傷。

今考えるとわらっちゃうけど。

小学校5年生で、方言を話さないことをまず指摘したのが、なんと学校の教頭先生でした。

すごくバカにした口調(と覚えているだけかもしれませんけど。)

それから、体操服のこと。

うちは、姉妹4人なので、体操服を母は買えませんでした。(これも私が思い込んでいただけですが。)

私は三女。

姉が二人中学で、その中学の制服やら、体操服やら、室内履き。そういうのにお金がかかるって気にして、自ら遠慮して体操服を買わなくていいと宣言。

前の学校の、えんじ色っていうのかな。あずき色みたいな体操服を堂々と、新しい学校で着ました。

全然気にならなかった。

それが目立っちゃったんですね。

何かにつけ、目だっていたとは子供の私は知る術もなく。

かなーり陰湿にいじめられました。

それでも子供だったので、そんなものかと、あまり深く考え込まず。

深く悩みはじめたのは中学に入ってから。

なんで、あんなに陰湿なのか、よくわかりませんが、女の子のいじめは本当に怖い。

それに3年間耐えました。

泣きながら家に帰ったことも実は何度かあります。

一度覚えているのですが、その日は土曜で(当時は土曜も学校があった)父が家にいて、泣いて帰ってきた私を見て、おどろいた顔をしたのですが、一言も言葉がなかったので、私は、すぐに笑ってごまかしました。

家では、どうしても自分の気持ちを吐くということができなかった。

そんな子供時代なので、今、私と息子たちはとてもオープンに何でも話します。

まあ、長男は中学生なので、いえないこともあるんだろうけど。

かなり仲いいです。

次男が今一番心配ですが、それでもおかれている状況の中で、彼なりにがんばっていて、私には心開いていると思います。

あんなにいじめられた私が、こうして母となったのは、何か意味があったのかもしれません。

子供たちが泣いていたら、しっかりそばにいて上げられる母でいたいなと思います。




posted by: CH −自己紹介です | - | 04:12 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:12 | - | - |-
素晴らしいですね。

何て言うか、CHさんは「不幸」の「連鎖」を
止められる勇気と強さを思っていると思います。

変なコメントで、ごめんなさい。
息子さんたち、CHさんがママで、
とっても幸せだと思います(^-^)
| S | 2012/10/07 1:30 PM |
sさん、

コメントありがとうございます。
そう言っていただくととってもうれしいです。
まだまだだなあと思うことが多いのですが、こうしてブログの読者のみなさんに励ましてもらっています。
| CH | 2012/10/10 1:24 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1590
トラックバック