Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子供の脳
 脳の専門家でもなんでもないんですが、この記事を今日見て、思わず、やっぱり子供の脳って、発展途中なんだなあと思いました。すっごい笑えるこの窃盗事件です。

http://www.asahi.com/national/update/1006/NGY201210060009.html


この子たち、高校生だから、まあ子供っていう年齢でもないですが、でも万引きしたものはお刺身や飲み物。(アルコール買ったあたりはちょっと困りますが)

総計にしたらいくらだろう?

おそらく一万円以下ですよね?

親にお願いしたらこれくらいは出してもらえたでしょうに。

そういう考えがまわらないのが子供なんだなあと思いました。
 もちろん、この子たちの親にしたら大変な思いをされていて、笑っては失礼ですが。

うちの姉の子がまだ中学生だったとき、塾をさぼって、300円のラーメンを食べに行って、姉はすごく落ち込み、国際電話で相談してきました。

悪いけど、私はその子供らしい発想に思わず笑ってしまった。

子供って、どうしようもない。

悪い意味じゃなくて、子供らしい。それでこそ、子供だと思います。

そういう失敗をして、はじめて、学び、大人になっていくのです。

そんなときの親の対応がもっともっと重要になってきます。

最近、知り合いがFacebookにのせていたこの言葉を深くかみ締めました。

魚を与える親ではなくて、魚を釣れる子供を育てたい。

本当にそうだなと思います。

この万引きした子達。

親に促されて警察に出頭した子もいるようです。

ただ、親がお金を握らせて、済ますということもできたでしょう。

それでは子供は育ちません。

これは、ビジネスの世界でも言えることで、若手や部下が、失敗して、それをいつも尻拭いして、自分で処理。

または、ただただ怒鳴るだけ。

それでは、若手は、何をどう間違って、何がいけなかったのか、学びません。

自分で考える癖をつけるのは子供の時にはとても大事です。

人間、学ぶというのは非常に重要。

学ぶ生き物なのです。

時には、つらくとも自分で学ばせる。

そうやって子供は大人になっていくんじゃないかと思います。

実は、そんな経験を長男が、中学に入ったばかりの頃しました。

ちょっと長くなったので、それはまた明日にします。



posted by: CH −自己紹介です | 雑談 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:06 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1593
トラックバック