Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
慰謝料の考え
 先日、アメリカに慰謝料はないと断言しました。

日本的な考えの慰謝料は離婚においてはありません。

英語でいわゆるPain & Sufferingですが、これは離婚ではないのです。

先日紹介したAlianation of Affectionでは、これが可能な州においては、損害があった分を訴えることができません。

つまり、その不倫相手を訴えて、非が認められたとしても、金額的に損害があったことを証明しないといけません。英語ではActual Damageです。

さらにこの法律がない州では、もうひとつできることがあります。

それは Marital Tortです。
 詳しい説明はNJのケースですが、こちらをリンクします。

http://www.divorcesource.com/ds/newjersey/new-jersey-marital-tort-faqs-3985.shtml


Tortという言葉、少しでも法律をはじった人なら知っている言葉です。

不法行為ですね。

つまり、不倫は不法じゃないわけです。だから訴えることはできませんが、その他に婚姻中に不法行為があった場合は、訴えることは可能です。

ではその例は?不法行為ですから、法律に反したことをしていれば訴えることができます。例は英語ですが、以下の通り

  • Wiretap violations
  • Breach of computer security
  • Transmitting sexual disease
  • Actual Fraud
  • Constructive Fraud
  • Negligent Misrepresentation
  • Fraud on the community
  • Fraudulent conveyance
  • Conversion
  • Defamation
  • Forgery
  • Intentional inflection of emotional distress
  • Interception of communications
  • Interference with child custody
  • Interference with existing and prospective contract
  • Intrusion on seclusion
  • Invasion of privacy

ただし!!!

何度も言っていますが、お金をとるには、損害がないと駄目です。

Emotional Distressというだけでお金はとれません。

例えば、わたしのケースにあてはめれば、精神的ダメージで働けず、給料がでなかったとか。

でもそれを証明するのは大変な労力です。証明は自分でしなければいけません。

弁護士は、場所によりますが、だいたい時給で$250から$500.NYやLAの有名な弁護士は時給で$600とるのもざらにいます。

私の弁護士はトライアルを得意としていたため、裁判所へ行く時間は、通常の1.5倍の料金となります。

一件訴えたら、その準備からトライアルまでに何日も、毎日何時間もかけます。

私は離婚中のある件で、二日つづけて裁判所へいくことになり二日で$2000使いました。

トライアルとなったら、その10倍は必要でしょう。。。

それだけかけてとれるものがあるのなら価値はありますが、簡単ではありません。

よくよく弁護士を探して、相談してからやりましょう。

また、訴える前に自分で過去のケースを調べるのはとても重要です。

離婚はもめたら最悪、終わりのない弁護士代へつながります。

できるだけ話し合いでさっさと終わらせるのが一番。

それが出来なかったのが私です。

posted by: CH −自己紹介です | アメリカ裁判の普通 | 03:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:47 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1660
トラックバック