Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
息子を守るため
 離婚できない人の理由No.1は子供のため。

虐待、暴力父親であっても、子供にはいい父親なんです。

本当によく聞く言葉です。

私は、離婚して一番よかったと今言える理由は子供です。

え?何々???子供にとって離婚がいいの?

答えは、人それぞれ。

私にとっては、離婚してよかった理由は子供です。

 まず長男。

離婚したとき、2008年ですが、8歳でした。成立が2010年ですけど、ファイルが2008年。

当時の長男は前にも書いたとおり、荒れていて、私をののしることも。だんだんエスカレートしていって、怒るとコントロールがきかなくて、私を倒したり、蹴ったりすることすらありました。

だんだん体力のついていく息子が怖かった。正直、もう終わりかと思い、自分を責めました。

今、あれから4年。

長男、ものすごく優しい。わたしのことを常に心配し、手伝い、真剣にナルを嫌っています。ナルの扱いがどれだけひどかったかを冷静に私に話してくれます。

これは、私がナルの悪口を長男に吹き込んだわけでも、洗脳したわけでもありません。

子は親の背をみて育つ。だたその一言です。

私は、別居してから、一切ナルと関係を絶ち、ナルが何をしようが、私は私のやり方で子供たちを育てています。

ナルは自分勝手ですから、ナルのやり方。

私とナルでは180度やり方が違います。

子供たちは、それを見て、自然と私の存在を認め、ナルのやり方がどれだけ不公平で自分たちを思ってくれていない一方的な愛情なのかを感じ取るようになったのです。

最近、長男は年頃ですから、女性の扱い方というのも気になります。

ナルのやり方しか見てきていないので、私に色々と聞いてきます。

残念ながらお手本を見せてあげる相手も私にはいませんが、例えば、私の自分の誕生日。

私は、息子たちを精一杯いいレストランへ連れて行きます。

お金を払うのはもちろん私ですが、お誕生日だよって言って、3人でいいところでお食事。

それだけで、息子たちはなんだかお誕生日は特別な日だとわかります。

レストランでは、息子たちが誇らしげにウェイターに、今日はママが誕生日なんだよ。なんて言って、デザートのサービスをもらうことが習慣。

それでいいんです。

お金を払うのは私だけど、息子たちが、そっか、誕生日は特別な日できちんとお祝いするんだと学べば。

一方のナルは、子供たちへプレゼントを要求します。あれを買え、これを買え。おれはお金がないんだ。お前たちがプレセントを用意しろ。

はあああ?????まだ子供です。

お金なんかもっていないんですよ。

口座はあるけど、それは私が彼らのお小遣いを入れるために作ったもの。

結局、毎年うるさいナルをだまらせるため、息子たちは、何かしら買っています。(私が一緒にいって買っています)

誕生日ってそうじゃないでしょう?というのを教えるいいチャンスだと私は思っています。

おかげさまでIt works!

息子たち、パパの理不尽さ、自分勝手ぶりを自然と学び、そして私とゆっくりその気持ち。悔しい気持ち。一方的にプレゼントを要求される気持ち。なんかを話し合います。

将来、奥さんができたらどうするかってことも長男は最近話しています。

ママ、何もできなくてごめんね。自分がお金稼ぐようになったら、ママにはあれする、これするってことも言ってくれます。

わたしは、次男が書いてくれる絵と、ハグだけですっごく幸せなのに。

こういうことが出来るのも離婚したからです。

結婚していたら、息子たちは、私の誕生日は無視か、ものすごく安いチョコかなんかを上げればいいんだ的な態度のナルを見て育ってしまったでしょう。

プレゼント上げればいい。のが誕生日ではありません。

生まれてくれてありがとう。と感謝するのが誕生日。

それを教えることは離婚しなければできませんでした。

だから離婚してよかった。

そう本当に心から思います。


posted by: CH −自己紹介です | 子供の心の健康 | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:39 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/1663
トラックバック