Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
どうして抜け出せないのか?

今日は本当に寒くって、気温をいうとみなさんびっくりかも。氷点下15度。華氏で今朝は1度でした。
 
ここ最近、息子と話すのは、やっぱりカリフォルニアに引っ越したいねえ。今は親権のことがあるのでできませんが、でもカリフォルニアに行きたい。

こういう風に考えるのって普通だと思うんですよね。寒さがあまりにもつらいから、あったかいところに引っ越したい。夢でもいいから。いつか、実現させるにはどうすればいいか?

そうやって思考をしていって希望をかなえる。それにはまず、あったかいところに引っ越したいという希望をもつのが第一歩です。

これを考えていて、どうして虐待からあんなに長く抜け出さなかったのか、考えてみました。

 今はなんでもネットで情報を得られますから、虐待から抜け出せない心理というのも簡単に出てくると思います。一つだけ英語のサイトをリンクします。

私の場合は。

虐待だと気がついていなかった。いつもただのけんかだと思っていた。

けんかしても、自分が悪いと思っていた。

怒られて、怒鳴られても、自分の悪い点ばかり探していた。

むこうの機嫌をとってはそれが自分の幸せだと思っていた。

むこうに怒られて、つらくても、ごめんさいといって、彼が欲しいものを買ってあげれば、それで収まるからいいと思ってた。

つらい。という心の痛みを認めることを拒否していた。

怖かった。反抗して、むこうに捨てられるのが。

もっとがんばれば、いつか彼もわかってくれると思っていた。

一人になりたくなかった。

私が彼を捨ててはいけない。彼には助けが必要。それは私の責任と思っていた。

これくらいかなあ。ま、子供のことも大きな理由ですが。

虐待に気がついてからもしばらくは離れるということは考えませんでした。

どうしてか?

自分が愛した人が、本当に虐待者とは思いたくなかったから。
いつか、きっとわかってくれる。
私がもっと優しくして、がんばれば、彼だって変わる。
心のそこから悪な人間はいない。

これが間違っていることに気がついたのが、離婚の手続きを始めてからです。

裁判所でもめて、もめて、もめて。どうしてこんなに人を傷つけても平気なのか?

それからですね。やっと本当のことがわかってきたのが。

受け入れたら、もう気にならなくなりました。

それまでは、いつも、やっぱり彼に好かれたい。彼に喜んでもらいたい。

もちろん離婚はするけど、彼のいいような条件にしてあげたい。

そんなことばっかりで、結局、ぼろぼろにされましたけど。

虐待者は、相手のことなんか考えません。

私がどれだけ傷ついてるか。なんて一生わかってくれないのです。

今言えること。

これだけ、たくさんの虐待が世の中にあって、抜け出せない人もたくさんいます。
実際、私はシェルターに通って、たくさんの人に会ったのですが、その中で、抜け出せない人もたくさんいました。

いつか、殺されちゃうかもよ。

虐待者は、自分の欲しいものが手に入らないときに、怒り怒鳴ります。
私の場合は、暴力はなかったのですが、今思うと、彼が怒るときは、必ず私が欲しいことをしてあげなかったり、物を買ってあげなかったり、勝手に相談しないで、何かしていたとき。

だから、もしあのまま一緒にいて、私もお金がなくなってしまって、もう何も買えないよ。となったら、暴力になってたかもしれませんね。

殺される。ということにもなりかねません。

それがわかっていても離れられないのです。

だから、私は、虐待から離れられない人を悪いとは思ってません。

離れることは、虐待をがまんするよりもつらいからです。その気が遠くなるような道のりを考えただけでも躊躇してしまします。

でも、その痛みを乗り越えて、初めて本当の幸せがあるのではないでしょうか?自分の希望で、自分のしたいことができるのです。それだけでも別れて正解でした。

この寒さから話が飛びましたが。

がまんすることも時には必要ですが、それは、誰かのためのがまんではなくて、自分で決めたことではなくてはいけないと思います。

彼の機嫌がよくなって欲しいから私はがまん。ではなくて。

依存的な考えから抜け出す。

私も少しずつですが、がんばっています。まだまだこれから。

冬は長いけど、いつか終わるから。もう少し。がんばります。



posted by: CH −自己紹介です | DV | 04:20 | comments(5) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:20 | - | - |-
DV検索中たまたま見かけ一部分読んだら涙が出ました…私自身DV被害者で精神的 肉体的 金銭的なDVがあり1日も早く逃げたい…身内は助けてくれず役所関係等 自分が出来る範囲は全て相談しましたがシェルターに入るのも嫌で住込も見付からず 良い方法が浮かびません 死ぬ勇気も無いので どうしたら良いか?第三者の考えを知りたいです返信いただけると 有りがたいです…誹謗中傷はやめて下さい…精神的にも疲れてます何でも良いのでコメント下さい…

| ひでみ | 2009/12/12 8:56 AM |
ひでみさん、コメントありがとう。誰も中傷なんかしません。大丈夫。一人じゃないですよ。
お住まいはアメリカかしら?だとアジア人女性のサポートホットラインがあるので電話して話せます。
よろしかったらメールください。これは私に直接届きますから。
| CH | 2009/12/12 9:42 AM |
ひでみさん、ホットラインの番号はこちらです。
話をきいてもらうだけでもぜんぜん違います。
私は最初の2回は言葉も出ませんでしたよ。
HOTLINE(トールフリー)
1-888-888-7702
| CH | 2009/12/13 3:07 AM |
私も同じ経験をしていていまだに抜けだせていません。読んでいて泣いてしまいました。
| 桃子 | 2010/01/10 10:16 PM |
桃子さん、今は抜け出せなくても、状況をしっかり見つめるというのは第一歩ですから。必ず道は開けますよ。
| CH | 2010/01/12 2:33 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/237
トラックバック