Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子供の虐待
JUGEMテーマ:国際結婚

これまたみかんさんのサイトからの横ナガシ?だけど、すごく参考になるので読んでみてください。

http://mikako0607jp.blog13.fc2.com/

私もこれからDCFSとやりとりをしていかなければならないわけだけど、こんな風に大問題になるなんてまったくわかっていなかったし、息子だってこんな風になるとは思ってなかったと思うのです。

文化の違いと言ってしまえばそうなのかもしれない。


 DCFSがきたときに、あなたはどお思う?と聞かれた。

つまり、父親が危険かどうか、私から見てどうなのか?ということ。

答えにつまった。

どう思うか?

私は自分だって13年一緒にいて、虐待にあっているとは思っていなかった。それが普通。私が至らないから。

そう信じていた。

息子のことを首をしめたり、指をつかんだり。そんなのは日常的にあったんじゃないのか?

それを息子が生まれてからもう10年近く。ほっておいてしまったのは私なんじゃないか?

どうしてこれが虐待だって思わなかったのか?

そんなことを数分の間にどんどん考えていってしまって、結局答えなんかできなかったのです。

これは文化の違いもあるし、私が虐待のある生活が当たり前になってしまったというのがあるのだと思います。

息子にとっては、父親のやったことは許せなかった。だからカウンセラーに話をした。でもこんなに大げさなことになるとは思っていなかった。

それが本当のところです。
posted by: CH −自己紹介です | DCFS | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:17 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/320
トラックバック