Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
児童虐待と陽転思考
JUGEMテーマ:海外生活

今回の児童虐待騒ぎ。まだDCFSがゆっくりしてるため何の進展もありません。

はじめに調査員が会いに来た時に、きっと緊急度をレーティングしたのだと思います。

それからみかんさんのブログからのリンクでよませてもらった 英国の方の話。

全体像はまだよく見えないのですが、多分、これは裁判になって結局お子さんたちをとられてしまったのかなと想像します。

もっと知識があったら。そんな風に後悔することって本当にたくさんありますが、後悔しても後悔しきれないことってきっと彼女みたいな状況のことを言うのだと思います。

福岡のNorikoさんの事件も、コロラドのバルーンボーイのMayumiさんも。国際結婚して、わからないことだらけで、どうしてこんなことになってしまったんだろう????きっとそんなことを自問自答しているのではないでしょうか。

私もそう。DCFSとかかわるなんて。どうして???そう思わずにはいられません。

でも、もしかしたら、みんな通る道なのかもしれない。

そんなことを今日は考えてしまってます。


 国際結婚したときは、私はすごく自信がありました。

だんなをこれからも支えて助けてあげたいと思っていたので、両親の反対も、友人たちの疑問も、姉の批判も、結婚式をやってくれないことも、なんとも思っていませんでした。

逆に、そんな恵まれない中でやっていく自分がえらい。くらいに思っていました。

結婚した事情はみんなそれぞれ違うけど、まさか相手が虐待をするとかそんなことはわかっていなかったし、どんなレッドフラッグも、そんなことはない、もっとがんばればなんとかなる。そうやってみんな必死に、一生懸命がんばってきたのだと思います。

それなのに。

どうして私がこんな目に。

そう思います。

私は散々そう思いました。

ただ、3日ルールと、陽転思考を今は心がけているので、今回のDCFS騒ぎ。

なにがよかったんだろうか?

人と比べてよかった。というのは陽転思考ではありませんから。自分の中で何がこれでよかったんだろうか。

まず第一は、やっぱりナルの虐待が、外にでたこと。

子供はかわいそうだけど、こうしてナルが虐待者だと、第三者からレポートされたこと自体が大きな意味があります。

まだ調査はこれからなので、もちかしたら記録には残らない。となるかもしれませんが、ナルは、レポートされたことで、公には子供にも私にも怒鳴ることはできません。

もちろん、ナルのこと。ただではおかないと思います。

それがわかっているので、私と息子はこれまで以上に気をつけることになります。

でもそれでいいのです。

これがなかったら、私はまたナルの本当の姿を忘れて、離婚でのつらかった裁判のことも忘れて、すっかりのんきな、お人よしでやさしすぎる自分にもどっていたと思います。

そして、このDCFSの調査のために、ナルに苦しめられてきたときのことを公に話す機会ができたこと。

調査員に、まず聞かれたのが、一緒に住んでいるときは子供に虐待はあったのか?

答えは、NOです。

一緒に住んでいたときは私だけが虐待の対象だったから、子供には無関心で、しつけのために怒鳴ったり、首をしめるなんてことはありえなかった。

これを人に話す機会ができただけでも私には“よかった。”です。

離婚しないで、がまんしてナルと暮らしていたら。

今でもナルには毎日怒られて、何も好きなことはできなかったでしょう。

どうして私がこんな目に。

そう思うことはたくさんですが、でもそれ以上に、よかった。これでよかった。

離婚の法律も虐待の心理も学びたくもなかったけど、今じゃ本が書けるほどで、それも今はわかってよかった。

知らないで、おひとよしのままじゃなくてよかった。

これからは、子供にこれをどう伝えていくかです。

あんなパパだけど、子供は大好きなパパです。

なんとか乗り越えていきます。
posted by: CH −自己紹介です | DCFS | 03:08 | comments(6) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:08 | - | - |-
http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/

記事を探すの大変だけど読みたかったらここに最後まで書いてあるよ。
| みかん | 2010/02/20 5:46 AM |
みかんさん、ありがとう。
すごいね。残酷なのか、彼女のやり方が本当に間違っていたのか。
私は考えすぎる方なのかな。

http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/archives/2009-01.html#20090112
| CH | 2010/02/20 8:52 AM |
私は気の毒だけど戦い方を間違えたと思うな。日本はこうなんです!ってそれを外国にいるのに、外国の裁判官に教えようというか認めさせようとしてるというか。こんなことしても無理・・・

反省した、と彼らの望みどおりの良い母親になっているというのでも見せれば・・・

どちらにしても勝ち方を理解して演技をしなければと思ってしまう。子供がある程度の年齢だしね。子供も前に紹介したコメディのビデオのようにずるがしこいんだろうね。マニュピュレートする性格というのか・・・

| みかん | 2010/02/20 12:26 PM |
みかんさん、すごくわかるわ。マニュプレートを無意識のうちに学んだんだろうね。この母親と、正反対であろう父親と、学校で目にする英国人との間でいつのまにか身についたサバイバルなんだろうね。
この話から学ぶことは多いと思います。
| CH | 2010/02/21 4:29 AM |
CHさん、はじめまして。

国際離婚のリサーチをしていてCHさんのブログにたどりつきましたRmと申します。「陽転思考」の一言に激しく反応し、うれしくなってついつい書き込みさせていただいています(^^)・・・和田裕美さんのメールマガジンなど良く読んで、ワタシも「陽転思考」つねに実践中です☆ 

ワタクシRmは、幼児&乳児をかかえ、アメリカの某地方都市にてフルタイムで働きながら、モラハラ系米人ダメ夫と離婚手続きを始めようとしているところです。みかんさんやENZOさんのブログもこれから読ませていただいて勉強させていただこうと思っています。CHさんは離婚が成立されたようでおめでとうございます!

今後もちょくちょく寄らせていただこうと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
Rm
| Rm | 2010/02/22 12:38 PM |
RMさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
和田さんの本は一見、簡単なことなのですが、なかなか実行はできないことなので、本にまとめて書いてあることで実行しやすいようになっていますよね。
これを心がけるようになってからだいぶ楽に生きれるようになった気がします。
RMさんもお子さんを抱えて大変ですね。いつでもメールでもいいので私でできることがあれば言ってください。
| CH | 2010/02/23 5:43 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/323
トラックバック