Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
弁護士 おまけで
JUGEMテーマ:国際結婚

私がもし理想の離婚ができるとしたら。

だんながもし人格障害ではなくて、普通の人間で、でも性格の不一致とか、なにかの理由で離婚するとしたら。

もしそんなことができるとしたら。

アメリカに Collaborative Divorce というのがあるのはご存知でしょうか?

これが私の理想の離婚です。

 
 
Collaborative Divorce

英語のサイトだと、詳しく説明があります。

http://en.wikipedia.org/wiki/Collaborative_law

簡単に説明すると、裁判所にいかないで、話し合いだけで離婚する方法です。

弁護士は使いますが、 Collaborativeを専門にする弁護士です。
問題が生じても、裁判所にはいかないで、話し合いです。
どちらかが話し合いに応じずに、裁判所へ持ち込むと、弁護士は変えないといけません。

これで離婚できれば、本当に楽でしょうね。 
どんな問題も、二人と、弁護士の助けで話し合って、納得するのです。
それには、両方が歩みあいする努力をしなければいけません。

うちは、まったくそんなことはありえませんでした。
話し合いは数回して、合意した。はずだったのに、いつも最後になるとひっくり返してきました。
合意なんてしてないと。

こちらのいうことは、全てうそだと言われました。

裁判所に、これまでで7回行ってます。

まだ決着はしてませんから、まだいくかもしれません。ま、山は越してるので、あと数回かな。

裁判所では、裁判官に両方の弁護士が自分の主張をします。

だんなの馬鹿弁護士は、とにかく、私をアタックすることしか考えていませんでした。
うそばかり。これをきかなくてはいけなくて、本当につらかったです。

ま、最後には、裁判官は私のことをわかってくれたので、今はうらみももうないですけど。

でも、ひどい裁判官も中にはいるらしいです。

そんな裁判官にあったってしまったら?

裁判所で事を決めてもらうというのは、自分のことなのに、第三者が判断を下すのです。

とてもじゃないけど、気持ちのいいものではありません。

できるなら避けたかった。

Collaborative Divorce。私にはかなわなかった方法ですが、これで離婚できるんだったら、本当に理想です。
posted by: CH −自己紹介です | 弁護士 | 08:06 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:06 | - | - |-
すみません。メールとコメント欄を間違えてしまいました。

名前を書いてしまったので、前のコメントを削除して頂けないでしょうか?

居て数をおかけして申し訳ありません。
| 葉月 | 2009/08/10 1:07 PM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/70
トラックバック