Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
別れようと思わなかった理由
JUGEMテーマ:海外生活

きのうの続きです。

結婚生活12年。その間、一度も離婚しようと思ったことはありませんでした。

もちろん、つらいときはあって、どうして私がこんな目に?

と疑問は投げかけたりしていましたが、すぐにそれを打ち消して、また結婚生活は幸せ。 

何回か、もうけんかがひどくて、ナルとの会話が成り立たなくて、家を飛び出したことはあります。

それでも必ず戻ってました。

理由はお金.

とすぐ簡単に離婚に向かっていけない人にそういうアドバイスをするのを目にしますが、私はお金ではありません。お金をもっているのは私の方だったから。

ではなぜか?簡単です。

自分のせいだと思っていたから。

 
ナルが私の話をきいてくれないのは、私の英語が下手だから。

デブだとか、ブスだとか言われたけど、それも本当だと思ってた。=私が悪い。言われても仕方ない。

子供がけがしたとき、私はその場にいなかったけど、私のせいにされた。=その場にいなかったから私が悪い。

つくったご飯を捨てられたことがあったけど。=料理が下手な私が悪い。

ナルがほしい車を買えなくて怒鳴ったときも。=十分に稼がない私が悪い。


こんな具合。

そしてカウンセラーに言われた。

どおしてナルの人生があなたの責任なの?

彼は成人した大人なんだから彼が責任をとればいい。

あなたが彼をサポートしなくてはいけないわけではないんだよ。


びっくりしました。

そんな風に考えたこともなかった。

離婚したらとはじめに考えたのは、うつと診断される数ヶ月前。

親友Eに、離婚したらナルが困るからしない。

と宣言したことを覚えています。

どうして?と聞かれて。

だって、子供たちの父親だから。サポートしてあげるのは当然でしょう。私が助けてあげなければ誰が?

そんなことを言っていた私。

あれじゃ離婚なんかできなかったよなあ。



>人気ブログランキングへ
posted by: CH −自己紹介です | カウンセリング | 02:44 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:44 | - | - |-
わかるわかるよ。その気持ち。
私も昔は日本的な考えで夫婦は助け合って、補いながら生きいくって思ってたよ。
でも助けて助けて 補って補っての一方通行で、いつのまにかそれが当たり前と思ってたんだよね。。
またザビエルは周りを自分の思うとおりにコントロールしていくから、見事にはまっていた。。
私は今新しいお付き合いをしていますが、
お互いのいいところ、悪いところを認めて
リスペクトするという関係を学びましたよ。。

ザビエルに全くかけていたのは、相手をリスペクトするということですね。

リスペクトされたこと一度もありませんでしたからね。。。
| ENZO | 2010/11/09 2:20 AM |
Enzoさーん、ありがとう。
本当に私もわからなかったよ。
自分のやっていることは当然と思っていた。妻として当たり前と。

今離れてみると、なんで気がつかなかったのか。
やっぱりむこうがコントロールのキングで、プロだったとしか思えません。

| CH | 2010/11/09 2:39 AM |









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/714
トラックバック