Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
日本の社会問題
JUGEMテーマ:海外生活

えらそうに日本の問題を書くつもりはないのですが、ここのところ続けて、日本は全く。。。と思ってしまうことが続いています。

アメリカもアメリカの問題はあります。裁判や弁護士制度なんかがいい例。

それでも自由を尊重する国。

私のようにわがままを通したい 人間は住みやすいところです。

この間いい例として話に出たのが。マクドナルドやバーガーキングといったファーストフードでも、たとえばケチャップだけとか、マヨネーズ抜いてとか、ピックルスは抜いて。そんな希望を言うのは当たり前。これが日本では大変だと。。。。

アメリカではフライドポテトにケチャップをつけるのは当たり前。

うちの子たちも必ずケチャップをつけます。

これをマクドナルドでは大変なことになったとある方がおっしゃってました。

バイトの女の子に、ケチャップ下さいと言ったら、マネージャーにきかないとできないといわれたそうです   


また中尾相談室で読んだ児童相談所の所長の話。

柔軟な、人間的な判断ができていません。

そして今一番驚いているのが、日本のお稽古制度です。

なんでも先生のご機嫌次第。

古くからの師匠の制度なのかもしれませんが、これでは育つものも育たないというもの。

私の姉はシングルマザーでお金に苦労しています。

先生への謝礼が払えないし、先生の許可なく自由にコンクールや学校に行くことすらできないというのです。

別にやればいいのに。

とアメリカにいる私は思うのですが。

日本のしきたりというか、はみだすわけにはいかないのでしょうか。

そんなお稽古の世界をアメリカで働くという記事にも見つけました。

日本で一人の先生につくと他の教室に移れない。

こんなんでは、才能ある人間は海外に出てしまいます。

ゴルフなんかもそうですが、日本では抜群にできても海外にでると失敗するある有名なゴルファーなんかもいます。

日本ではとてもうけてちやほやされるから。

才能はあっても海外で発揮できないのは本当の意味での努力ができないから。


何だかな。

ちょっと今日はがっかりしています。





posted by: CH −自己紹介です | 中尾相談室から | 02:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:59 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/742
トラックバック