Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
CHへメール送信
Ads by Google
Google
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
広告
Buy.com
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
離婚って その2
JUGEMテーマ:国際結婚
 
その2は、これも弁護士に関係するのですが、もう何回も裁判所でみかけたカップル。

何を争ってるのかは、よくわからないこのカップル。
裁判所でこのカップルをもう少なくとも3回見かけました。
だんながうちのだんなと似ています。見かけではなくて、性格が。だからきっとわからずやのだんな相手なのでしょう。

 このカップル。不思議だったのは、毎回、Statusの順番が来ると、裁判官になにも訴えずに、合意するから、時間をくれ。というのです。
何も議論しないのです。
そして、裁判所の外で、あれこれと言いあいます。裁判官のいないところで。
そしてもどってきて、合意しなかったから次のStatusの日まで持ち越し。

これだけなのです。毎回。

一度は、だんながその場で弁護士を解雇しました。
前回は、だんなが弁護士なしだったので、また次まで持ち越し。
また違うときは、だんなが何か言い張っていて、奥さんの方が、Fワードを言いながら出て行きました。

一度、裁判所が暇な時間にたまたま私がいて、もう顔もよくわかってるコートクラークが、おしゃべりしてくれました。裁判官が多分お昼か、なんかで席をはずしていたんですね。

彼によると、この不思議なカップルたちは、弁護士同士が裁判の日以外は、一切話をしないで、裁判所にきて、初めて話し合いをしようとして、毎回、話し合いの時間をくれと裁判官にお願いして、挙句、もどってきて、また次に持ち越す。と言って終わるのだそうです。結局弁護士代を請求してるだけなんだよ。見ててな、今日もきっと、次に持ち越しとなるから。と教えてくれました。


こんなことが通るなんて。
裁判官もこれがわかっていても止められないんだ。
そう思ったら愕然としました。

私の場合、もしやとったのがだんのような馬鹿弁護士で、何もわからないうちに弁護士の言うとおりに、どんどん Petitionをファイルし続けて、どうでもいいことを戦い続けていたら?
それでも離婚なんてやったこともないし、それがおかしいとも気づかなかったのかも。
そう思います。

うちのだんなも、この馬鹿な弁護士の言いなりになってて、それが自分のやりたいことと会ってるから、いい気になって、それに乗ってしまって。馬鹿だな。

アメリカの離婚弁護士。簡単に信じちゃだめですね。
posted by: CH −自己紹介です | 他の離婚ケース | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:55 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://workingmominu.jugem.jp/trackback/86
トラックバック